この店の話題をひとくち

昔懐かしい日本の味とアートを堪能 ダンボにひっそりと佇む隠れ家カフェ

ブルックリンのおしゃれエリア、ダンボにひっそりと佇むのはカフェ、ギャラリーを併設する多目的スペース「うさぎNY」。知る人ぞ知る、ローカルの常連を多く持つ同店は、今年7年目を迎える隠れ家的存在だ。

 

定番メニューの「JAPANESE CURRY($12)」は、甘みのあるルーと2日間煮込んだとろとろの牛肉が口の中でとろけ合う。外はカリッと、中はジューシーな肉厚な唐揚は、プラス$2でトッピング可能だ

 

アート作品や本、雑貨が並ぶギャラリースペースを奥に進むと、突如昔懐かしい日本食のランチメニューを提供するカフェが顔を出す。おにぎり、いなり寿司、うどん、カツカレー、牛丼といった日本人の普遍的なメニューには、全てにオーガニック食材を使用しているというこだわりぶりだ。ごま油の食欲をそそる香ばしい香りや博多の塩を使った薄味の味付けで、なんとも懐かしい気分にさせてくれる、地球にも体にも優しい一品たち。

ランチの後は、「一保堂茶舗」の濃厚な抹茶を使用した人気の抹茶ラテや抹茶ブラウニーでティータイムを楽しむこともお忘れなく。ゆったりとした時間が流れる心地よい空間の中で、ぜひ最新アートと日本の味を心行くまで堪能してみては。

 

スライド式パネルが並ぶギャラリーは、建築家の藤本壮介氏が設計。気鋭の作品を展示・販売し、日本のブランドやアーティストをサポートしている

 

 

 

Usagi to_New York

163 Plymouth St.
Brooklyn, NY 11201
TEL: 718-801-8037
usaginy.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。