ニューヨークの最新グルメ・レストラン情報 ! <アメリカ料理をがっつり食べる>

 

PICKUP①
ジューシーな肉に多文化アレンジ!
MEAT + BREAD

ジャンル:ハンバーガー
注文タイミング:ランチ、ディナー
所在エリア:ローワーイーストサイド

今年1月にオープンした同店は、ピンクを基調とした、ド派手な店内のウォールアートが印象的。移民の歴史からさまざまな食文化の入り混じる、地元ローワー・イースト・サイドのカルチャーを色濃く反映している。店名通り、サンドイッチ、バーガー、エンパナダなど、パンと肉を使ったファストフードを多数用意しているが、「マサラソース」「ベンガルBBQソース」など、やや聞き慣れない味のツイストを利かせているのが特徴だ。

201 Allen St./meatandbreadnyc.com/毎日正午〜午後9時に営業。屋内飲食OK。ウェブサイトからデリバリー&テークアウト注文可能。

 

 

 


PICKUP②
人気店のキッチンから直送!
Smillie Pizza

ジャンル:ピザ
注文タイミング:ランチ、ディナー
所在エリア:ノーホー

イタリア料理店「Il Buco Alimentari & Vineria」のキッチンから自宅にデリバリーする、新たなピザビジネス。同店は自家製のハムや特製のエクストラ・バージン・オリーブオイルでニューヨーカーをうならせてきた。定番のマルゲリータをはじめ、自家製チョリソやモッツアレラ&リコッタチーズなど、奇をてらわないが確実なうまさを届けるメニューがそろう。ウーバーイーツのデリバリー範囲外だとオーダーが難しいので注意。

53 Great Jones St./instagram.com/smilliepizza/毎週火〜日曜の午前11時30分〜午後8時45分にデリバリーのみで営業。Uber Eatsで注文可能。

 

 

 


PICKUP③
老舗レストランがついに復活
Gage & Tollner

ジャンル:ステーキ、アメリカン
注文タイミング:ディナー
所在エリア:ダウンタウン・ブルックリン

1879年に創業し、2004年に一旦閉店したこの店は、実は昨年3月にリニューアルオープン予定だった。そして今年2月、コロナ禍の荒波を乗り越えて、ついに扉が開かれた! とはいえまだ屋内飲食には慎重で、熟成リブアイのステーキとポークのディナーセットをミールキット(要家庭調理)として販売中。同じビルにある姉妹店「Sunken Harbor Club」は、春巻きや麻婆豆腐などのアジアテイストのフードメニューをデリバリーしている。2店から同時注文OK。

372 Fulton St., Brooklyn, NY 11201/gageandtollner.com/水〜日曜日の午後5時〜9時に営業。Toast経由でウェブサイトから注文可能。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!

Vol. 1096

屋内飲食が本格スタート!市内飲食店の今

予想以上に苦境が続く、ニューヨーク市内の飲食業。屋内営業の現状はどのようなものだろう?