\梅酒ファンの皆さん!/ 芳醇な香りを味わう チョーヤ本格梅酒が登場

梅酒といえば「チョーヤ」というほど日本人になじみのある同社から、ぜいたくなひと時にぴったりな新商品が全米発売。こだわりの製法に込められた思いとは?


 江戸時代には文献にも作り方が残されているほど、梅酒は健康酒として、古くから日本人に愛されている。1914年からの長い歴史を持つ「チョーヤ梅酒株式会社」は、和歌山県紀州を中心に約5000件の梅農家から、梅酒づくりに適した梅を提供してもらい、長年、高品質な梅酒を生産している。

 チョーヤの梅酒づくりは、厳選された梅をぜいたくに使い、収穫した梅の成分を逃さない漬け込みからスタート。光や熱、空気など、外部からの影響を極力受けないように設計された専用タンクで、1年以上熟成している。さらに、専門スタッフによる味覚検査も行い、厳しい検査に合格した梅酒だけをびん詰めしている。携わった農家の思いをくんで、梅本来のおいしさを味わってもらえるよう努めているという。

本格梅酒の制定

 2015年、日本洋酒酒造組合が新基準として、「本格梅酒」を制定した。梅、糖類、酒類のみを原料とし、酸味料・香料・着色料などを使用していない、梅本来の味を味わえる梅酒だけが「本格梅酒」として表示できる。

 酸味料・香料などの添加物に頼らず、梅の実だけから作る本格梅酒の基準が制定され、それを機に翌16年、チョーヤでは本格梅酒「The CHOYA」を新たに発売した。

 また、「本格梅酒」と「梅酒」の機能性成分量の違いを和歌山県が独自分析したところ、「本格梅酒」にはポリフェノールやカリウムが多い傾向にあり、より健康的であるという研究結果も出ているという。

日本の人気商品が
米国上陸

 そうした「本格梅酒」で作られ、日本ではすでに人気商品となっている「The CHOYA 至極の梅(Golden Ume Fruit」が今年1月、米国でも発売となった。

 2Lサイズ以上の肉厚な紀州産南高梅を、糖類と酒精のみで漬け込み、1年以上熟成させて作ったという極上の梅酒。果肉がやわらかく、芳醇(ほうじゅん)な香りと力強い酸味が特長だ。

 普段の食事と共に味わうのもいいが、「至極」ということで、記念日などの特別なひと時にもぴったりな商品。チョーヤの新商品として、米国内でますます幅広い認知を目指し、新たな展開を期待している。

 

The CHOYA 至極の梅(Golden Ume Fruit)

紀州産南高梅を100%使用。その中でも熟度が高く、香り豊かな梅を厳選した本格梅酒
(オープン価格/650ml+梅の実100ml)

 

選ばれし梅の梅酒は、
梅の実もウマイ

 梅酒といえば、びんの中に漬け込まれた梅の実も、忘れてはいけない。

 規定の容量に合うよう詰められた梅の実は、自然のものなので、大きさや色・形が微妙に異なるという。どれも同じように見えて同じでない、一つ一つ厳選された梅の実なのだ。無添加であるがゆえ、さまざまな個性のある味わいが熟成期間に育くまれ、酸っぱさと甘さの自然な梅の味を楽しむことができる。

 その他にも、通常の梅酒の販売だけでなく、チョーヤでは梅酒の梅の実だけをパッケージ販売している。入荷数に限りはあるが、米国でも同様に販売されているそうだ。

 最後まで梅の実を堪能できる、これこそが梅酒の醍醐味(だいごみ)だろう。

梅酒の梅の実だけもパッケージに入って販売中。ニュージャージーにある「ミツワ」で購入可能

 

梅の実で作るゼリーは食後のデザートに最適。梅の実をすりおろして、ヨーグルトやカレーなどに入れてもおいしい。詳しいレシピは、ウェブサイト(choya.co.jp/life/recipe/the-choya-shigokunoume)を確認

 

チョーヤUSAのインスタグラム(@choya_usaをフォローして、製品情報をいち早く知ろう!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。