和牛の良さはデリバリーでも健在! 肉の卸業者が贈る本格メニュー

日本が誇る最高食材・和牛をリーズナブルな価格で提供するという、夢のようなコンセプトで生まれた「J-Spec」。昨年11月にイーストビレッジでオープンしたばかりだ。特に神戸牛の取り扱いが東海岸最大級であることで知られる、和牛の卸業者トモエ・フード・サービスが初めて手掛けるレストランでもある。

ミディアムレアの薄切り和牛に、ウニとキャビアを乗せた「Wagyu, Uni & Caviar Sushi Roll($24)」は、高菜とシソの香りも相まってとても濃厚な味わい。食感の異なる3種の高級素材が、それぞれの良さを引き出す、なんとも不思議なメニューだ

 

テークアウト&デリバリーでは、ミートボール弁当やビーフカレー、すき焼き丼といったさまざまなバラエティーの肉メニューがずらり。午前11時30分〜午後3時30分までは割引もある。

もし夜のディナーをオーダーするなら、最高の肉を最高のコンビネーションでいただこう。和牛、ウニ、そしてキャビアをぜいたくに乗せた手巻きずしは、ホリデーシーズンのごほうびディナーにうってつけ。ガッツリスタミナが欲しい人には、ステーキ丼が外れがないだろう。柔らかく、程よく脂の乗った肉のアロマに、ガーリックの香ばしさが重なる。

 

屋内営業が再開したら、スタイリッシュな造りの店内でゆったり味わいたいところ

Photos by J-Spec

J-Spec
239 E. 5th St.
(bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-287-0107
jspec-ny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。