この店の話題をひとくち

目指すはカジュアルな居酒屋「風」 ボリュームたっぷりランチ丼

ジューシーな揚げ物に、酒が進む炒め野菜……日本人はみんな居酒屋料理が大好き。そんな居酒屋料理が「昼間から楽しめればいいのに」というひらめきを得た、若き共同オーナーのマックスさんが今年10月にオープンしたのが、「ユズキッチン」だ。

 

「Tonkatsu Bowl($12)」に、今回は撮影用に塩こうじで味付けした鶏肉をオン。キュウリのマリネやローストポテトなどさっぱりした野菜と合わせる、とんかつソースの濃さがいいあんばい

 

デリカテッセンのような見た目のカジュアルモダンな店内を見て、「ここって本物の日本食?」といぶかしむかもしれないが、メニュー監修は「モリモト」「ノブ」などを渡り歩いてきたリチャード・ホリイケ氏。味付けはまごうことなき日本食だ。メニューは主に丼(ボウル)セット。仕事の合間のランチタイム利用を想定した同店は、ガッツリ食べても午睡に走らないよう、油分はやや控えめに設定している。とはいえ、ボリュームはたっぷりで満足度高し。塩こうじの焼き鳥はユズの風味が香り、ピリリとした辛さがアクセント。よりヘルシーさを求めるなら、コクのあるサケのみそ焼きをチョイスしたい。サイドに添えられた味玉の、味の染み具合もちょうどいい。

なお酒類は販売していないので、日中に楽しむのがベスト!

 

ブライアントパークすぐ近くのビジネス街にあり、利用客もビジネスパーソンが中心。デリバリーは周辺エリアのみ対応

 

 

 

Yuzu Kitchen
37 W. 43rd St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 646-885-2966
yuzu.kitchen

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。