この店の話題をひとくち

カウンターでおまかせコース 上品な仕立てのすしに舌鼓

新型コロナウイルス感染拡大で春先からずっと休業していた、アッパーウェストサイドのすし割烹(かっぽう)店が、このほど店内営業を再開した。席数を制限した白木のカウンターに座ると、目の前でベテランの日本人シェフが握ってくれる。彼と客の間は、透明なシールドで仕切られているが、しゃれたデザインなので会話もできるし違和感はない。

「Omakase($150/16 courses, $180/21 courses)」より、九州産のシマアジ。コースでは日本各地の特産魚介類を盛り込んでいる。シンプルで静ひつな店内で、つかの間の里帰り気分

新メニューは21品と16品の、おまかせすし割烹2コースのみ。「ヒラメの昆布締め土佐酢 ゼリーのせ」のような手間のかかった先付けに始まり、脂がのり切った中トロの「づけ」刺身でエンジンが掛かると、いよいよショーの始まり。真ダイ(愛媛)、サンマ(北海道)、真アジ(九州)、コハダ(千葉)、アオヤギ(米国)と選りすぐりの新鮮ネタを載せた握りずしの連打が続く。

いずれも楚々(そそ)とした作りの上品サイズ。竹田シェフ自慢の煮切りじょうゆの、ひと刷毛(はけ)だけでいただく。ネタごとに異なる食感と味わいは、産地への夢想をかき立てる。握りの幕間に登場する炊き寄せや椀物、焼き物は、経験豊富なシェフだけに仕立てが丁寧で品がいい。

完全予約制。時間は月〜土曜日は午後5時45分と8時、日曜日は午後5時30分と7時45分のみ受け付け

<店舗情報>

TAKEDA

566 Amsterdam Ave.
(bet. 87th & 88th Sts.)
TEL: 646-370-6965
takedanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。