カウンターでおまかせコース 上品な仕立てのすしに舌鼓

新型コロナウイルス感染拡大で春先からずっと休業していた、アッパーウェストサイドのすし割烹(かっぽう)店が、このほど店内営業を再開した。席数を制限した白木のカウンターに座ると、目の前でベテランの日本人シェフが握ってくれる。彼と客の間は、透明なシールドで仕切られているが、しゃれたデザインなので会話もできるし違和感はない。

「Omakase($150/16 courses, $180/21 courses)」より、九州産のシマアジ。コースでは日本各地の特産魚介類を盛り込んでいる。シンプルで静ひつな店内で、つかの間の里帰り気分

新メニューは21品と16品の、おまかせすし割烹2コースのみ。「ヒラメの昆布締め土佐酢 ゼリーのせ」のような手間のかかった先付けに始まり、脂がのり切った中トロの「づけ」刺身でエンジンが掛かると、いよいよショーの始まり。真ダイ(愛媛)、サンマ(北海道)、真アジ(九州)、コハダ(千葉)、アオヤギ(米国)と選りすぐりの新鮮ネタを載せた握りずしの連打が続く。

いずれも楚々(そそ)とした作りの上品サイズ。竹田シェフ自慢の煮切りじょうゆの、ひと刷毛(はけ)だけでいただく。ネタごとに異なる食感と味わいは、産地への夢想をかき立てる。握りの幕間に登場する炊き寄せや椀物、焼き物は、経験豊富なシェフだけに仕立てが丁寧で品がいい。

完全予約制。時間は月〜土曜日は午後5時45分と8時、日曜日は午後5時30分と7時45分のみ受け付け

<店舗情報>

TAKEDA

566 Amsterdam Ave.
(bet. 87th & 88th Sts.)
TEL: 646-370-6965
takedanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。