定番メニューにひとひねり 食べ応え抜群の朝ごはん

なかなか思い通りに生活できない日が続くニューヨーク。気分がどうしたってふさぎがちだが、そんな時にはおいしい朝食(かブランチ)で気分を盛り上げるのも手だ。テークアウトやデリバリーで魅力的なメニューがあるレストランを探していたら、アッパーウェストサイドの「コミュニティー」に行き当たった。

屋内外でも営業中の他、GrubhubとUberEatsでデリバ リーも可能。店内はナチュラル志向で落ち着く設計

その名の通り地元コミュニティーに愛される店で、ナチュラル食材の生産者や流通経路にこだわる。人気店「クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニー」の姉妹店なので、パンケーキは言わずもがなの看板メニューなのだが、ここはちょっと変わり種を紹介。

「Brioche French Toast($14)」は、厚切りバナナとローストピーカンがゴロゴロ載った、甘党にはたまらないボリューミーな一品。ブリオッシュはサクサクした食感で、口当たりは軽いがしっかりとした食べ応えだ

ブリオッシュを使ったフレンチトーストは、一見するとかなり甘ったるそうだが、トースト自体は素朴で、むしろバナナの甘さを生かす味付け。この加減が、なかなか家庭では再現できない。見た目の華やかさでも元気が出る。

そして隠れたおすすめメニューは、ブランジーノのフィッシュサンドイッチ。しっとりとした魚の身はパンとうまく調和していて、味にもコクがある。食べ応え抜群!

< 店舗情報 >

Community Food & Juice
2893 Broadway
(bet. 112th & 113th Sts.)
TEL: 212-665-2800
communityrestaurant.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介