ビルマ料理って?逆境でもニューヨークで人気の新名店

ビルマ(ミャンマー)料理とはどんな料理だろうか?辛い?薄味?ブルックリン区プロスペクトハイツにあるレストラン「ラングーン」のオーナー、ダニエル・ベンディーさんいわく、答えは「一皿ごとに違う!」。 タイ、インド、中国などのグルメな国に囲まれて発展したビルマ料理は、それぞれの特色を盛り込んで、非常に多彩な側面を持つようになった。

人気メニューの「Sweet & Tangy Braised Pork($19)」は、まるで豚の角煮。ホロホロにほどける肉に甘いタマリンドソースが良くしみていて、思わずほっこりした気持ちに

同店はロックダウン直前の2月15日にオープンしたが、即座に屋内営業禁止に。しかしニューヨークタイムズ紙が取り上げたことで人気が爆発、今ではピックアップもデリバリーもやめて、店前と中庭での営業だけに集中しているそう。

この店では、何を頼んでも「ちょうどいい」。われわれがアジア人だから特に親和性が高いのかもしれないが、サンショウの効いたタマリンドソースや、香り付け程度に抑えられたターメリック、どこか懐かしいショウガを使った煮込みなど、どれも味が濃過ぎず、箸が付けやすいのだ。ドリンクはナチュラルワインの取りそろえが自慢だ。コクのある、キリリと冷えたスペイン産オレンジワインが、ペアリングに好適。

ヘルシーにいくならブランジーノの焼き物+3種のソースで

アペタイザーにはタマネギのフリッターがおすすめ。

Rangoon
500 Prospect Pl.
Brooklyn, NY 11238
TEL: 917-442-0100
rangoon.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?