この店の話題をひとくち

ビルマ料理って?逆境でもニューヨークで人気の新名店

ビルマ(ミャンマー)料理とはどんな料理だろうか?辛い?薄味?ブルックリン区プロスペクトハイツにあるレストラン「ラングーン」のオーナー、ダニエル・ベンディーさんいわく、答えは「一皿ごとに違う!」。 タイ、インド、中国などのグルメな国に囲まれて発展したビルマ料理は、それぞれの特色を盛り込んで、非常に多彩な側面を持つようになった。

人気メニューの「Sweet & Tangy Braised Pork($19)」は、まるで豚の角煮。ホロホロにほどける肉に甘いタマリンドソースが良くしみていて、思わずほっこりした気持ちに

同店はロックダウン直前の2月15日にオープンしたが、即座に屋内営業禁止に。しかしニューヨークタイムズ紙が取り上げたことで人気が爆発、今ではピックアップもデリバリーもやめて、店前と中庭での営業だけに集中しているそう。

この店では、何を頼んでも「ちょうどいい」。われわれがアジア人だから特に親和性が高いのかもしれないが、サンショウの効いたタマリンドソースや、香り付け程度に抑えられたターメリック、どこか懐かしいショウガを使った煮込みなど、どれも味が濃過ぎず、箸が付けやすいのだ。ドリンクはナチュラルワインの取りそろえが自慢だ。コクのある、キリリと冷えたスペイン産オレンジワインが、ペアリングに好適。

ヘルシーにいくならブランジーノの焼き物+3種のソースで

アペタイザーにはタマネギのフリッターがおすすめ。

Rangoon
500 Prospect Pl.
Brooklyn, NY 11238
TEL: 917-442-0100
rangoon.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。