アサヒビールUSAが「スーパードライ」新パッケージを発表!

日本で販売数No.1を誇る「アサヒスーパードライ」を米国で販売する、アサヒビールUSAは、過去15年間で初となる同製品の米国向け新パッケージを発表した。

新パッケージは、黒とシルバーを全面に押し出したグローバルに展開するビジュアルを導入したデザイン。「グローバル・ビジュアルアイデンティティーと一貫することで、ブランド継続を強化する」と、アサヒビールUSAのデレク・バンタイン副社長(VP)は話す。

「新しいパッケージを商品棚で見て、購入していただき、クリスプでドライな辛口テイストを味わっていただくまでのプロセスで、人生における最高のビールをお届けし、妥協しない完全性を追求するビールブランドとしてお客さまに喜んでもらいたい」と言うバンタイン副社長。

新パッケージは10月末から出荷される。詳細は、asahisuperdry.com をチェック。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介