ニューヨーカーが愛する「バーガーショップ」

多くのハンバーガーショップがあるNY。過去にNYジャピオンで特集したハンバーガーショップ3店を改めてご紹介♪


HALL by Odo

バーガーが自慢のバーが「HALL」、その奥にある日本食レストランが「Odo」。オーダーでは二つの店のメニューが同時に楽しめる、うれしい仕様になっているこちらのお店。

ガツンとアメリカンな気分の日は、繊細な味わいが魅力の「U.S Wagyu Burger」($8.50)と「House French Fries」($6)のセットがオススメ(写真は追加で芽キャベツの炒めものをオーダー)。タマネギは甘く、ソースとバンズがほどよく肉と絡み合っていて、もう1個くらい食べれそうな気分に。

さっぱり行きたい日は「Regular Sushi Box」($23)を試してみて。

hall.nyc
毎日: 11am – 9pm


Jack’s Wife Freda

東京にも進出を果たした、朝食で人気のアメリカン地中海料理店「Jack’s Wife Freda」。

どのメニューもおいしいのですが、今回は「Jack’sバーガー」とズッキーニのフライをチョイス。

Jack’s Wife Freda
火 – 日: 11am – 9pm


Sunday in Brooklyn

ベッドフォード駅からドミノパークへと向かう閑静な住宅街にあり、ミシュランにも取り上げられたことがあるブランチ人気の店「Sunday in Brooklyn」。

アメリカの伝統的な家庭の味を生かしつつ、モダンな味付けに仕上げたメニューが魅力的。牛肉汁があふれる「Dry-aged beef burger($16.50)」は、ピクルスとチェダーチーズの相性が抜群。一見定番のバーガーのようだけど、甘辛いスペシャルソースがと絡むと唯一無二の味に。

Sunday in Brooklyn
水 – 日: 5pm – 10pm

 

※情報は店舗により変更が加わる場合がありますので、ご注意ください。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。