野菜のさまざまな魅力を再確認 アッパーウェストのアメリカン

1890年に建設された、アッパーウェストサイドのエンディコットホテルを改装して2014年にオープンしたのが、アメリカ料理店「ザ・ミリング・ルーム」。鉄の柱にレンガの壁と、少しインダストリアルな雰囲気が、肩肘張らないディナーに好適。エグゼクティブシェフは、ロンドンを中心にミシュラン星獲得店で経験を積んだマーカス・ウェア氏。

 

「Campanelle Pasta Primavera($17)」は、波打つ形のカンパネレパスタに野菜のソースが濃厚に絡む一品。パインナッツのアクセントが香ばしい。アペタイザーのパスタには他にも、カニのタリアテッレとトマトのリガトーニがある

 

ニューヨーク近郊で生産された食材を中心に使う同店は、野菜本来の味を生かしながら、色鮮やかにメニューに取り入れることが得意。例えばプリマベーラパスタはアスパラガス、ファバビーンズ、イングリッシュピー、ハーブペーストと緑尽くしだが、野菜の甘みとコクが前面に出ていて、野菜嫌いでも一食の価値あり。このメニューをはじめ、アペタイザーはいずれもシェア前提のボリューミーサイズなので、グループで分け合うと楽しい。

メインメニューのナスのオレンジソース掛けは、甘みよりもヒヨコ豆の味わいが強めで、ややユニークな味わい。さっぱり風味のホタテのソテーとのペアリングがちょうどいいかも。

 

 

アペタイザーのガスパチョとツナタルタルは、後味さっぱりで癖がない。店内営業は特定の曜日と時間帯で実施中

 

 

The Milling Room

446 Columbus Ave.
(bet. 81st & 82nd Sts.)
TEL: 212-595-0380
themillingroom.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。