この店の話題をひとくち

素朴な味わいがあたたかい…ローカルに愛される「居酒屋」

絹色のファサードにウッドテーブル、そして優しい手触りの食器やカトラリー。ミニマルな美しさとアットホームな雰囲気が融和した、とてもグリーンポイントらしい店だ。一見「居酒屋」には見えないが。

オーナーシェフは、ブルックリンの日本食「Okonomi」出身。ローカルの食材を中心に、丁寧に味付けした小皿料理をメインに提供する。お手製の冷ややっこや、瓜(スクワッシュ)の焼き浸しなど、素朴な味わいでホッとするメニューから、天かすとゴマ、マグロのたたきを和えたのり巻きなど、和食の新しいアレンジを提案する一皿までがそろう。

「Tuna & Nori($14)」は、マグロのたたきに天かす、ゴマを合わせた悪魔的な組み合わせ。適量をのりに巻いていただく。香ばしさとツブツブの食感がクセになって、シェアしたら取り合いになること請け合い。白米がほしくなるかも

メインの焼き魚(取材時はカンパチ)は、隠し味程度に、プラムBBQソースで下ごしらえ。サイドメニューの白米が進む!

夏の終わりを惜しむ今なら、備長炭でじっくりカリカリに焼き上げた串焼きもオススメ。特にムール貝は、予想を裏切る味わい深さと食感の良さ。エビマヨを塗った焼きトウモロコシも外れない。

カップルでのデートや、カジュアルなディナーシーンにオススメの店だ。

 

取材時は店舗横の中庭で営業。平日でも列をなすほど人気だったので、予約していくことをオススメする

【店舗情報】

Rule of Thirds

171 Banker St.
Brooklyn, NY 11222
thirdsbk.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。