ついに東海岸上陸!「くら寿司」で日本の回転寿司を堪能しよう

ニュージャージー州フォートリーで、日本人を中心とした地元住民が、開店を今か今かと待ち続けた店がある。日本で最も有名であろう回転寿司チェーンの一つ、「くら寿司」だ。

日本では店舗総数450軒以上。台湾やロサンゼルスにも進出したが、実は東海岸では今回が初出店。東海岸展開の鍵を握る旗艦店として、社内外から熱い眼差しが注がれている。

元々は今年春にオープン予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。それでも、地元住民には「くら寿司ができるらしい」と噂があっという間に広まり、開店準備中の頃から「いつ開くの?」と訊ねてくる人が多かったという。

そして9月上旬、満を持して屋内営業がスタート。今や、平日でも客足が絶えず、週末は予約なしだと1時間待ちなんてことも。みんな一様に、キラキラした瞳で、レーンに流れる寿司を眺めている。

州規定に基づき、現在は定員25%の予約数で営業中

目指すのは「日本の体験をそのまま」

「海外店舗では、通常、巻き物(ロール)の人気が高いのですが、ここフォートリー店では日本人をはじめとした、お寿司好きのお客さまが多くて、握りがよく出るんですよ」と話すのは、菅原大樹店長。

フォートリー店では、大手チェーン店としてのノウハウを遺憾なく発揮して、「日本の店舗と変わらない雰囲気」がすでに出来上がっている。

話を聞いた、菅原大樹店長

メニューは食材の仕入れまで日本の本部が細かく管理していて、基本的に全店舗共通。タッチパネルを使った注文方法も、食した皿の枚数に応じて景品がもらえる「びっくらポン」システムも同じ。さらに従業員を教育するノウハウが豊富なので、現地スタッフを多く雇用し、即戦力にできるという強みもある。

フタをパカっと開けて、皿を取り出すシステム

寿司の個別注文や、丼・ラーメンおよびデザートの注文は、タッチパネルで

「日本に帰省することも難しい今、来店したお客さまに『くら寿司に戻って来られた』と思っていただければ」と菅原店長。

メニューは半年に1回のペースでアップデートが行われる他、月替りの特別メニューも用意(※米国全店舗が屋内営業に切り替わり次第、再開を検討中)

また、食事ごとにポイントが貯まり、50ドル分で5ドル割引になる「Kura Reward」も提供している。足しげく通う楽しみがあるのだ。

妥協しないこだわり

一方で、提供するサービスにはきめ細やかな配慮が光る。来店した客が席に着いたタイミングで、シャリを用意し、寿司をレーンに流し始める。なるべく作り立ての寿司を食べてほしいという、同店のこだわりだ。

食品添加物や人工着色料などの一切を排除していて、シャリはカリフォルニア産のオーガニック白米を採用。老若男女が安心して食べられる寿司を目指す。

ここまで力を入れつつ、寿司の価格は1皿あたり2.95ドルに押さえている。全ては、客に気軽に皿を手に取ってほしいからだ。

サイドメニューのラーメンは、ダシを毎朝厨房で取る他、デザートのわらび餅も少量単位で作成し、作りだめはしない。「回転寿司以外でも手は抜きません」と菅原店長。

こちらは人気のデザート、たい焼きアイスクリーム

来店前には、専用アプリ(iPhoneまたはAndroid)での事前予約を推奨。


【店舗情報】

Kura Sushi Fort Lee
2151 Lemoine Ave., Fort Lee, NJ 07024
(マンハッタンからのアクセスはこちら
TEL: 973-939-6756
月〜木: 11am-9:30pm/金・土: 10:30am-10:30pm/日: 10:30am-10pm
kurasushi.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。