パンチのあるビーガン! セレブシェフとコラボ中

イギリス・ロンドン発の創作日本料理チェーン「ワガママ」は、ニューヨークではノマドとマレーヒルの2カ所にあり、今月24日にはミッドタウン店もオープン予定。「それは韓国(または中国)料理なのでは?」と思わせる独創的なメニューはさておき、日本料理への愛を常に忘れない同店は、意外とヘルシー志向のメニューにも事欠かない。

 

「sticky asian vegan ‘rib’($17)」は、オークリー氏と同店の新たなコラボ商品。刺激的な辛さは、付け合わせのライムを搾ると爽やかに。2人で分けると、ちょうどいいサイドメニューになる

 

現在3月までの期間限定で、イギリス在住のシェフ、ガズ・オークリー氏考案の、アメリカ限定ビーガンメニューを打ち出している。「アバンギャルド・ビーガン」を名乗るオークリー氏と同店は、以前にもラーメンメニューなどでコラボ済みだが、今回打ち出したのはバーベキューリブ。

成形したセイタン(グルテンミート)を、「ワガママ」特製の、ビーガン海鮮醬(かいせんじゃん=Hoisin sauce)に絡めた。一見すると本物のリブ肉で、歯応えやうま味も文句なし。クランベリー味のソースは中辛(人によっては激辛と感じるかも)で、嫌味がなくスカッと爽やかな後味が心地いい。普通の「健康メニュー」に飽きた人は、挑戦してみてはいかが?

 

その他の通年ビーガンメニューには、七味で整えたカレーうどんなどがある。本物のポークが恋しくなったら、アップルソースと合わせた、バンズがオススメ

 

 

 

Wagamama nomad/flatiron

210 5th Ave.
(bet. 25th & 26th Sts.)
TEL: 212-920-6233
wagamama.us

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。