この店の話題をひとくち

ガリシアのうま味を新解釈 イーストビレッジの人気店

スペインはガリシアの味をイーストビレッジに持ってきた「ナイ(ガリシア語で「母」の意)」。タパスメニューは「伝統」と「モダン」に分かれているが、全体的に独創的で、日本食をはじめとした多国籍の味をミックスさせている。「プライムリブ・テンプラ」「ラーメン・ガリシア」などがその一例。家庭料理をベースにしているメニュー選びなので、見た目に反して味は親しみやすい、ほっこりするものがそろっている。

 

「Pulpo a la Gallega(料金は要確認)」はぶつ切りにしたタコを、パプリカと塩で味付け。コリコリとした食感が食欲を倍増させる! アペタイザーとしてもメインとしても優秀だ

 

店のオススメでもある「パルポ(タコ)」は、ガリシア州産のタコをプリプリになるまでゆで、地中海のシーソルトとオリーブオイルで味付け。辛く見える鮮やかな赤はパプリカによるものだ。テーブルを囲んだ友人と話を咲かせている間、つまむ手が止まらなくなる逸品。魚の姿焼きに慣れている日本人なら、ポルトガル産イワシの焼き物も、味がしっかり染みていて気に入るはず。そして、スペインタパスではサングリアも忘れずに注文を。同店は定番の赤・白の他、トロピカル、シャンパンなどの変わり種も用意。さっぱりした後味で、団体ならピッチャー注文がちょうどいい。

 

料理は小ぶりなので、大人数で行くなら何皿もオーダーして、シェアするのがいいかも。店のたたずまいはシンプルかつカジュアルなので、TPOを選ばず利用できるのもポイント

 

 

 

Photos by Nai Tapas

 

Nai Tapas
85 2nd Ave.
(bet. 4th & 5th Sts.)
TEL: 212-677-1030
naitapas.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。