この店の話題をひとくち

日本とフレンチのミックス 一味違う「ひねり」に感動

ブルックリン区プロスペクトパーク近くの住宅街に、ひっそりと佇む「メゾン・ヤキ」は、モダンな店構え。日本の居酒屋料理をフレンチと融合させていて、串焼きやお好み焼きなどの居酒屋メニューに加え、ハンバーガーや揚げ物など、ローカルの人に親しみのある料理も用意している。

 

「Cauliflower Okonomiyaki & Hazelnuts($8)」は、ヘルシー志向の人に人気のカリフラワーの生地の上に、ヘーゼルナッツ、ネギ、マヨネーズ、おたふくソース。見た目も味も、まさにお好み焼き

 

店のメイン料理でもある串焼き(skewers)は、厨房で丁寧に1本1本焼いている。一見普通の焼き鳥に見えて、中身は鴨肉やロブスターだったり、つくねの黄身はオレンジ果汁を固めたものだったりと、知らずに食べると驚きが待っている。

また、アペタイザーのエスカルゴ料理にはシソバター、手作りバケットにはゆずこしょうバターを添えるなど、シェフ独特のひねりが効いている。日本の味を保ちつつ、フレンチらしさも忘れていない。

一品一品が居酒屋のように手頃な価格なのもうれしく、近所に住むローカルを中心に毎夜賑わっている。「焼き鳥で一杯飲みたい」気分の時にオススメだ。

 

「King Trumpet Mushroom(写真中央)」は、マッシュルームとトマトの相性に舌鼓を打つこと間違いなし。シメのデザートも多種用意

 

 

Maison Yaki
626 Vanderbilt Ave.
Brooklyn, NY 11238
TEL: 718-552-2609
maisonyaki.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。