日本とフレンチのミックス 一味違う「ひねり」に感動

ブルックリン区プロスペクトパーク近くの住宅街に、ひっそりと佇む「メゾン・ヤキ」は、モダンな店構え。日本の居酒屋料理をフレンチと融合させていて、串焼きやお好み焼きなどの居酒屋メニューに加え、ハンバーガーや揚げ物など、ローカルの人に親しみのある料理も用意している。

 

「Cauliflower Okonomiyaki & Hazelnuts($8)」は、ヘルシー志向の人に人気のカリフラワーの生地の上に、ヘーゼルナッツ、ネギ、マヨネーズ、おたふくソース。見た目も味も、まさにお好み焼き

 

店のメイン料理でもある串焼き(skewers)は、厨房で丁寧に1本1本焼いている。一見普通の焼き鳥に見えて、中身は鴨肉やロブスターだったり、つくねの黄身はオレンジ果汁を固めたものだったりと、知らずに食べると驚きが待っている。

また、アペタイザーのエスカルゴ料理にはシソバター、手作りバケットにはゆずこしょうバターを添えるなど、シェフ独特のひねりが効いている。日本の味を保ちつつ、フレンチらしさも忘れていない。

一品一品が居酒屋のように手頃な価格なのもうれしく、近所に住むローカルを中心に毎夜賑わっている。「焼き鳥で一杯飲みたい」気分の時にオススメだ。

 

「King Trumpet Mushroom(写真中央)」は、マッシュルームとトマトの相性に舌鼓を打つこと間違いなし。シメのデザートも多種用意

 

 

Maison Yaki
626 Vanderbilt Ave.
Brooklyn, NY 11238
TEL: 718-552-2609
maisonyaki.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)