この店の話題をひとくち

地元の愛され店が移転 もちもち小籠包が人気

フラッシングに2004年にオープン以来、ジューシーな小籠包(ショウロンポウ)が人気を呼んだ「ナンジャン・ショウロンポウ」。こぢんまりした店は、近隣住民が朝から食事をつまむ、コミュニティーの憩いの場として愛されていたが、今年11月に移転オープンした。150席以上ある広々としたモダンな店内には高級感が漂い、移転よりも「パワーアップ」という言葉が近い。

メニューにも、色とりどりの小籠包の変わり種6種セットなど、これまでになかったラインアップを追加。モチモチの皮の中にたっぷり入った、熱々のスープは上品な味わいで、トリュフやカボチャなど変わり種もクセがなくて食べやすい。上海スタイルのシューマイやギョーザも一緒にオーダーして、友人知人と気兼ねなく、飲茶(ヤムチャ)タイムを楽しみたい。

その他のオススメは、クリスプな揚げ麺にマイルドな味わいの餡(あん)が絡む、シーフードヌードルなど。アペタイザーには、スライスした甘辛い牛肉をぎゅっと閉じ込めた、厚めのライスケーキもお忘れなく。

 

「Steamy Licky Six Soup Dumplings($10.50)」は、新たな同店看板メニュー。シグネチャー、カニ、黒トリュフ、カボチャ、鶏肉、フォアグラ(期間限定)の6種が一堂に会す

 

ライスケーキはなかなかのボリューム。メニューは、中国で伝統的に親しまれている味わいを忠実に再現しつつ、独自のアレンジを加えている

 

 

 

Nan Xiang Xiao Long Bao

38-12 Prince St.
Flushing, NY 11354
TEL: 718-321-3838
nanxiangxiaolongbao.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。