地元の愛され店が移転 もちもち小籠包が人気

フラッシングに2004年にオープン以来、ジューシーな小籠包(ショウロンポウ)が人気を呼んだ「ナンジャン・ショウロンポウ」。こぢんまりした店は、近隣住民が朝から食事をつまむ、コミュニティーの憩いの場として愛されていたが、今年11月に移転オープンした。150席以上ある広々としたモダンな店内には高級感が漂い、移転よりも「パワーアップ」という言葉が近い。

メニューにも、色とりどりの小籠包の変わり種6種セットなど、これまでになかったラインアップを追加。モチモチの皮の中にたっぷり入った、熱々のスープは上品な味わいで、トリュフやカボチャなど変わり種もクセがなくて食べやすい。上海スタイルのシューマイやギョーザも一緒にオーダーして、友人知人と気兼ねなく、飲茶(ヤムチャ)タイムを楽しみたい。

その他のオススメは、クリスプな揚げ麺にマイルドな味わいの餡(あん)が絡む、シーフードヌードルなど。アペタイザーには、スライスした甘辛い牛肉をぎゅっと閉じ込めた、厚めのライスケーキもお忘れなく。

 

「Steamy Licky Six Soup Dumplings($10.50)」は、新たな同店看板メニュー。シグネチャー、カニ、黒トリュフ、カボチャ、鶏肉、フォアグラ(期間限定)の6種が一堂に会す

 

ライスケーキはなかなかのボリューム。メニューは、中国で伝統的に親しまれている味わいを忠実に再現しつつ、独自のアレンジを加えている

 

 

 

Nan Xiang Xiao Long Bao

38-12 Prince St.
Flushing, NY 11354
TEL: 718-321-3838
nanxiangxiaolongbao.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。