この店の話題をひとくち

地元の愛され店が移転 もちもち小籠包が人気

フラッシングに2004年にオープン以来、ジューシーな小籠包(ショウロンポウ)が人気を呼んだ「ナンジャン・ショウロンポウ」。こぢんまりした店は、近隣住民が朝から食事をつまむ、コミュニティーの憩いの場として愛されていたが、今年11月に移転オープンした。150席以上ある広々としたモダンな店内には高級感が漂い、移転よりも「パワーアップ」という言葉が近い。

メニューにも、色とりどりの小籠包の変わり種6種セットなど、これまでになかったラインアップを追加。モチモチの皮の中にたっぷり入った、熱々のスープは上品な味わいで、トリュフやカボチャなど変わり種もクセがなくて食べやすい。上海スタイルのシューマイやギョーザも一緒にオーダーして、友人知人と気兼ねなく、飲茶(ヤムチャ)タイムを楽しみたい。

その他のオススメは、クリスプな揚げ麺にマイルドな味わいの餡(あん)が絡む、シーフードヌードルなど。アペタイザーには、スライスした甘辛い牛肉をぎゅっと閉じ込めた、厚めのライスケーキもお忘れなく。

 

「Steamy Licky Six Soup Dumplings($10.50)」は、新たな同店看板メニュー。シグネチャー、カニ、黒トリュフ、カボチャ、鶏肉、フォアグラ(期間限定)の6種が一堂に会す

 

ライスケーキはなかなかのボリューム。メニューは、中国で伝統的に親しまれている味わいを忠実に再現しつつ、独自のアレンジを加えている

 

 

 

Nan Xiang Xiao Long Bao

38-12 Prince St.
Flushing, NY 11354
TEL: 718-321-3838
nanxiangxiaolongbao.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。