複雑な味のコンボで勝負 スタイリッシュな韓国料理

イーストビレッジの小道に面した「ノウォン」は、韓国・ソウル市ノウォン区生まれのシェフ、ジェイ・リーさんが12月にオープンした新店。ダニー・メイヤーや森本正治など、名シェフの店で経験を積んだジェイさんは、韓国系アメリカ人としての自身の多様なバックグラウンドを、料理に落とし込んで勝負する。

スタイリッシュで開放感のある内装も、そしてメニューに並んだフードも、よくある韓国料理店とは一味異なる。タコとスパムのチャーハン、ハニーバターのテータートッツ(風のスナック)、ピリ辛のエビチャンポンなど。革新的な組み合わせの創作料理は、ニューヨークのフードシーンに影響を受けたものだという。中でも注目は、香ばしいタレが食欲をそそるフライドチキン。アメリカでも韓国でもない、その新しい風味の正体を聞いたら、きっとびっくりするはず。また、同店で「エリクサー(薬酒)」と呼ばれているノンアルコールカクテルの数々もオススメ。緑茶とパッションフルーツの組み合わせは、意外とさっぱりしていて飲みやすい。

「Shin Ramyun Chicken Wings(3本$15)」の味付けの秘密は、コチュジャン、バターミルク、そして「辛ラーメン」のシーズニング! 意外と辛くなく、サクサクで食べ応えあり

 

韓国料理のエッセンスを盛り込みつつ、独自のアメリカナイズを遂げた料理の数々に驚くはず。カジュアルな店内はくつろぎやすい

 

 

 

NOWON
507 E. 6th St.
(bet. Avenue B & A)
TEL: 646-692-3867
nowonnyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。