この店の話題をひとくち

複雑な味のコンボで勝負 スタイリッシュな韓国料理

イーストビレッジの小道に面した「ノウォン」は、韓国・ソウル市ノウォン区生まれのシェフ、ジェイ・リーさんが12月にオープンした新店。ダニー・メイヤーや森本正治など、名シェフの店で経験を積んだジェイさんは、韓国系アメリカ人としての自身の多様なバックグラウンドを、料理に落とし込んで勝負する。

スタイリッシュで開放感のある内装も、そしてメニューに並んだフードも、よくある韓国料理店とは一味異なる。タコとスパムのチャーハン、ハニーバターのテータートッツ(風のスナック)、ピリ辛のエビチャンポンなど。革新的な組み合わせの創作料理は、ニューヨークのフードシーンに影響を受けたものだという。中でも注目は、香ばしいタレが食欲をそそるフライドチキン。アメリカでも韓国でもない、その新しい風味の正体を聞いたら、きっとびっくりするはず。また、同店で「エリクサー(薬酒)」と呼ばれているノンアルコールカクテルの数々もオススメ。緑茶とパッションフルーツの組み合わせは、意外とさっぱりしていて飲みやすい。

「Shin Ramyun Chicken Wings(3本$15)」の味付けの秘密は、コチュジャン、バターミルク、そして「辛ラーメン」のシーズニング! 意外と辛くなく、サクサクで食べ応えあり

 

韓国料理のエッセンスを盛り込みつつ、独自のアメリカナイズを遂げた料理の数々に驚くはず。カジュアルな店内はくつろぎやすい

 

 

 

NOWON
507 E. 6th St.
(bet. Avenue B & A)
TEL: 646-692-3867
nowonnyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。