複雑な味のコンボで勝負 スタイリッシュな韓国料理

イーストビレッジの小道に面した「ノウォン」は、韓国・ソウル市ノウォン区生まれのシェフ、ジェイ・リーさんが12月にオープンした新店。ダニー・メイヤーや森本正治など、名シェフの店で経験を積んだジェイさんは、韓国系アメリカ人としての自身の多様なバックグラウンドを、料理に落とし込んで勝負する。

スタイリッシュで開放感のある内装も、そしてメニューに並んだフードも、よくある韓国料理店とは一味異なる。タコとスパムのチャーハン、ハニーバターのテータートッツ(風のスナック)、ピリ辛のエビチャンポンなど。革新的な組み合わせの創作料理は、ニューヨークのフードシーンに影響を受けたものだという。中でも注目は、香ばしいタレが食欲をそそるフライドチキン。アメリカでも韓国でもない、その新しい風味の正体を聞いたら、きっとびっくりするはず。また、同店で「エリクサー(薬酒)」と呼ばれているノンアルコールカクテルの数々もオススメ。緑茶とパッションフルーツの組み合わせは、意外とさっぱりしていて飲みやすい。

「Shin Ramyun Chicken Wings(3本$15)」の味付けの秘密は、コチュジャン、バターミルク、そして「辛ラーメン」のシーズニング! 意外と辛くなく、サクサクで食べ応えあり

 

韓国料理のエッセンスを盛り込みつつ、独自のアメリカナイズを遂げた料理の数々に驚くはず。カジュアルな店内はくつろぎやすい

 

 

 

NOWON
507 E. 6th St.
(bet. Avenue B & A)
TEL: 646-692-3867
nowonnyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1058

ジャピオン 春の食パン選手権

食パンの由来は諸説あるが、主食+パン=「食パン」という説が有力とか? 今回はニューヨークで購入できる食パンを、モニターに協力してもらい、食べ比べ調査を行った。サンドイッチやこんがり焼き上げたトースト、あなたはどの食パンが気になる?

Vol.1057

春よ来い、花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!