1貫に想いを込めて ネタとシャリにひと工夫

 

大通りに出やすいソーホーの一角にある、すし店「タケシ」。現役のプロボクサーでありながら、すし職人として活躍する佐藤剛志(たけし)さんの店だ。「昨年開店してから、ちょうど1年。近隣にすし店がないこともあり、ローカルのなじみ客が増えています」と話す。

ネタはほとんど日本から仕入れている。「地元の食材を使うこともありますが、やはり日本の味には敵わないですね」と、音楽を奏でるようにリズム良く握りながら語ってくれた。シャリやワサビの量などは、客一人一人に合わせて変えていくという。

「ネタも毎回同じでは飽きられてしまうので、毎回違うものを出しています」と、サプライズ感のあるおもてなしを用意するのが信条。しょうゆが一粒一粒しっかりしみているイクラ、スモークしたサバなど、一工夫。

おまかせコースはランチが50ドル〜と、値段がリーズナブルなのもうれしい。ソーホーに出掛ける際は、ふらりと立ち寄ってみてはいかがだろう。

 

「おまかせコース($50〜)」は、その時の旬のネタを出している。1貫にあふれんばかりのせている。写真は日本から仕入れたアオヤギ。さらりと付けたタレがネタの旨味を引き出している

 

しっかり煮汁に付けたアナゴは、口の中でトロリと溶ける。炙らず素材の味を堪能できる

 

 

 

Takeshi
28 Grand St.
(bet. Thompson St. & 6th Ave.)
TEL: 917-675-0771
takeshisushiny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1057

春よ来い、
花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。

そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー
観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

今号の巻頭では、みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!(取材・文/南あや)

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)