この店の話題をひとくち

1貫に想いを込めて ネタとシャリにひと工夫

 

大通りに出やすいソーホーの一角にある、すし店「タケシ」。現役のプロボクサーでありながら、すし職人として活躍する佐藤剛志(たけし)さんの店だ。「昨年開店してから、ちょうど1年。近隣にすし店がないこともあり、ローカルのなじみ客が増えています」と話す。

ネタはほとんど日本から仕入れている。「地元の食材を使うこともありますが、やはり日本の味には敵わないですね」と、音楽を奏でるようにリズム良く握りながら語ってくれた。シャリやワサビの量などは、客一人一人に合わせて変えていくという。

「ネタも毎回同じでは飽きられてしまうので、毎回違うものを出しています」と、サプライズ感のあるおもてなしを用意するのが信条。しょうゆが一粒一粒しっかりしみているイクラ、スモークしたサバなど、一工夫。

おまかせコースはランチが50ドル〜と、値段がリーズナブルなのもうれしい。ソーホーに出掛ける際は、ふらりと立ち寄ってみてはいかがだろう。

 

「おまかせコース($50〜)」は、その時の旬のネタを出している。1貫にあふれんばかりのせている。写真は日本から仕入れたアオヤギ。さらりと付けたタレがネタの旨味を引き出している

 

しっかり煮汁に付けたアナゴは、口の中でトロリと溶ける。炙らず素材の味を堪能できる

 

 

 

Takeshi
28 Grand St.
(bet. Thompson St. & 6th Ave.)
TEL: 917-675-0771
takeshisushiny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。