「奇跡のパンケーキ」で幸せ気分 ニューヨーク限定の味もチェック

日本でも人気のカフェ「フリッパーズ」が9月、北米1号店となるニューヨーク店をソーホーにオープンした。

 店内のデザインは日本と異なり、レンガや植物の絵など、ソーホーらしさを前面に出したおしゃれな雰囲気で、ローカル層を中心にいつもにぎわっている。

 メニューは、口の中に入れると溶けてしまう、ふわふわ食感が日本でも人気の「奇跡のパンケーキ(Flipper’s Pancake)」がやはり人気だ。エッグベネディクトやワッフルチキンなど、日本と異なるオリジナルメニューも用意。朝からガッツリ食べれるブランチカフェとなっている。

 また、ベーシックな食感の生地のパンケーキもあり、シーズンごとに異なる味を楽しむことができるのも、同店に何度も通いたくなる理由。

 今後、1階は持ち帰り専用として、2階カフェと違うオリジナルメニューをそろえてオープン予定という。日本の定番メニューと、ニューヨークメニューを食べ比べに行ってみるのも面白い。

 

「Strawberry Flipper’s Pancake($19)」は、生地が隠れるほどたっぷりとクリーミーなイチゴソースがかかっている。イチゴの酸味とほどよい甘さで、溶けるような食感がたまらない

 

甘みを抑えたリコッタクリームチーズがアクセントの「Strawberry Banana Pancake」。ハム・ベーコンとサーモンの2種から選べる「Eggs Benedict」(写真中央)は、ニューヨーク限定メニュー

 

 

 

 

Flipper’s
337 W. Broadway
flippersus.com
Instagram: flippersus

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。