一味違う味が楽しめる アットホームレストラン

ローワーイーストにある「サニーボーイ」は、地元の常連から新規の人までが、朝食から夕飯まで終日楽しく過ごせる、オーストラリア系レストラン。店内は決して広くはないが、アットホームな従業員のもてなしが心地よく、ついつい長居してしまう。

朝食の定番といえるトーストメニューは、見た目をいい意味で裏切る隠し味のピリ辛スパイスで、客を喜ばせている。特に週末は終日混み合っているが、この冬は日曜に特別ローストディナーメニューがあるなど、それぞれの時間帯にあった料理を堪能できるのもいい。また、オリジナルカクテルはもちろん、ワインやビールなど豊富な酒類を用意しているところも、お酒好きには堪らない。

 

「Harissa folded eggs($13)」は、トーストの上にバラのようなオムレツが美しく乗っている。オムレツにはハリッサ(唐辛子ペースト)が入っていて、少しピリっとした味なのがおもしろい。サイドは、アボカドや芽キャベツ、ベルペッパーなど

 

イチジクとクリームチーズの乗ったトーストには、ハチミツとチリソースが掛かっていて、甘さと辛さのバランスがなんともいい。

 

オーナーのステファノさんは、「肉、シーフード、野菜、全てが新鮮であることが重要」と話す。姉妹店もオープンし、順調に稼働していて忙しそうだが、将来的には、さらに店舗を拡大していきたいという展望も持っているようだ。おいしいだけではない、ひとひねりある味を食べに行こう。

 

バータイムのオススメ「エスプレッソマティーニ(写真中央)」の他、オリジナルカクテルも豊富

 

 

Sonnyboy

65 Rivington St.
(bet. Allen & Eldridge Sts.)
sonnyboynyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。