一味違う味が楽しめる アットホームレストラン

ローワーイーストにある「サニーボーイ」は、地元の常連から新規の人までが、朝食から夕飯まで終日楽しく過ごせる、オーストラリア系レストラン。店内は決して広くはないが、アットホームな従業員のもてなしが心地よく、ついつい長居してしまう。

朝食の定番といえるトーストメニューは、見た目をいい意味で裏切る隠し味のピリ辛スパイスで、客を喜ばせている。特に週末は終日混み合っているが、この冬は日曜に特別ローストディナーメニューがあるなど、それぞれの時間帯にあった料理を堪能できるのもいい。また、オリジナルカクテルはもちろん、ワインやビールなど豊富な酒類を用意しているところも、お酒好きには堪らない。

 

「Harissa folded eggs($13)」は、トーストの上にバラのようなオムレツが美しく乗っている。オムレツにはハリッサ(唐辛子ペースト)が入っていて、少しピリっとした味なのがおもしろい。サイドは、アボカドや芽キャベツ、ベルペッパーなど

 

イチジクとクリームチーズの乗ったトーストには、ハチミツとチリソースが掛かっていて、甘さと辛さのバランスがなんともいい。

 

オーナーのステファノさんは、「肉、シーフード、野菜、全てが新鮮であることが重要」と話す。姉妹店もオープンし、順調に稼働していて忙しそうだが、将来的には、さらに店舗を拡大していきたいという展望も持っているようだ。おいしいだけではない、ひとひねりある味を食べに行こう。

 

バータイムのオススメ「エスプレッソマティーニ(写真中央)」の他、オリジナルカクテルも豊富

 

 

Sonnyboy

65 Rivington St.
(bet. Allen & Eldridge Sts.)
sonnyboynyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。