中華のおいしさが勢ぞろい 食材の質と手間暇を第一に

中国文化を象徴する花、ボタン(peony)の絵を入り口に大きくあしらった、優雅で気品漂う中華料理店「レッドピオニー」。クイーンズ区フラッシングで人気の中華料理店で、オーナーを務めるコニーさんが、今年8月にマンハッタンにオープンした新店だ。中華料理は、四川、広東など地域によって味付けが変わるのが特徴だが、コニーさんは「もっと中華料理を知ってほしい」という思いから、地域の垣根を超えたメニューをそろえた。「アメリカで暮らす若い中国人ですら、伝統的なメニューを知らない。歴史を次世代に伝えたいんです」と熱く語る。

 

「小籠包($9.95)」はコニーさんの出身地、広東地方の伝統食。豚肉とカニの2種をいただいた。レンゲを使って、スープの1滴も残さずに味わおう。モチモチだが薄い皮は、まさに職人技!

 

魚のホットスパイシー・オイル煮、や、サヤエンドウの葉の炒め物など、定番の味も用意

 

こだわるのは食材の質。看板メニューの小籠包(ショウロンポウ)は皮を毎日手作りするから、理想的な薄さが実現。中から熱々で濃厚なスープがあふれ出る。そして日本人が大好きな北京ダックは、中国人にとっても特別なごちそう。ロングアイランドで育ったカモは脂肪が少なくてヘルシー。甘辛ソースに絡め、ふかふかのバンズと一緒にいただく。思わず満足のため息をこぼすと、コニーさんは「おいしいでしょ?」とにっこり。

 

コニーさん(写真下)が切り分けてくれた北京ダックは、ジューシーだが重くなく、さっぱりとした味わい。


Red Peony

24 W. 56th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
redpeonyrestaurant.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1048

2020年はさらに熱い!
アートなニューヨークを楽しもう! 

昨年、ニューヨークのアート施設は新オープンからリニューアルまで、様々なニュースが相次いだ。今年も、メトロポリタン美術館150周年アニバーサリーをはじめ、話題が目白押し!(文/菅礼子)

Vol.1046

フーフーしちゃう!?
ワールド煮込み特集

寒いこの時期は、家で鍋が定番という人も多いだろう。日本の鍋もいいが、世界の味が集まるニューヨークでは、様々な煮込み料理を食べて芯から温まってみてはいかが?(取材・文/音成映舞)