中華のおいしさが勢ぞろい 食材の質と手間暇を第一に

中国文化を象徴する花、ボタン(peony)の絵を入り口に大きくあしらった、優雅で気品漂う中華料理店「レッドピオニー」。クイーンズ区フラッシングで人気の中華料理店で、オーナーを務めるコニーさんが、今年8月にマンハッタンにオープンした新店だ。中華料理は、四川、広東など地域によって味付けが変わるのが特徴だが、コニーさんは「もっと中華料理を知ってほしい」という思いから、地域の垣根を超えたメニューをそろえた。「アメリカで暮らす若い中国人ですら、伝統的なメニューを知らない。歴史を次世代に伝えたいんです」と熱く語る。

 

「小籠包($9.95)」はコニーさんの出身地、広東地方の伝統食。豚肉とカニの2種をいただいた。レンゲを使って、スープの1滴も残さずに味わおう。モチモチだが薄い皮は、まさに職人技!

 

魚のホットスパイシー・オイル煮、や、サヤエンドウの葉の炒め物など、定番の味も用意

 

こだわるのは食材の質。看板メニューの小籠包(ショウロンポウ)は皮を毎日手作りするから、理想的な薄さが実現。中から熱々で濃厚なスープがあふれ出る。そして日本人が大好きな北京ダックは、中国人にとっても特別なごちそう。ロングアイランドで育ったカモは脂肪が少なくてヘルシー。甘辛ソースに絡め、ふかふかのバンズと一緒にいただく。思わず満足のため息をこぼすと、コニーさんは「おいしいでしょ?」とにっこり。

 

コニーさん(写真下)が切り分けてくれた北京ダックは、ジューシーだが重くなく、さっぱりとした味わい。


Red Peony

24 W. 56th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
redpeonyrestaurant.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)