中華のおいしさが勢ぞろい 食材の質と手間暇を第一に

中国文化を象徴する花、ボタン(peony)の絵を入り口に大きくあしらった、優雅で気品漂う中華料理店「レッドピオニー」。クイーンズ区フラッシングで人気の中華料理店で、オーナーを務めるコニーさんが、今年8月にマンハッタンにオープンした新店だ。中華料理は、四川、広東など地域によって味付けが変わるのが特徴だが、コニーさんは「もっと中華料理を知ってほしい」という思いから、地域の垣根を超えたメニューをそろえた。「アメリカで暮らす若い中国人ですら、伝統的なメニューを知らない。歴史を次世代に伝えたいんです」と熱く語る。

 

「小籠包($9.95)」はコニーさんの出身地、広東地方の伝統食。豚肉とカニの2種をいただいた。レンゲを使って、スープの1滴も残さずに味わおう。モチモチだが薄い皮は、まさに職人技!

 

魚のホットスパイシー・オイル煮、や、サヤエンドウの葉の炒め物など、定番の味も用意

 

こだわるのは食材の質。看板メニューの小籠包(ショウロンポウ)は皮を毎日手作りするから、理想的な薄さが実現。中から熱々で濃厚なスープがあふれ出る。そして日本人が大好きな北京ダックは、中国人にとっても特別なごちそう。ロングアイランドで育ったカモは脂肪が少なくてヘルシー。甘辛ソースに絡め、ふかふかのバンズと一緒にいただく。思わず満足のため息をこぼすと、コニーさんは「おいしいでしょ?」とにっこり。

 

コニーさん(写真下)が切り分けてくれた北京ダックは、ジューシーだが重くなく、さっぱりとした味わい。


Red Peony

24 W. 56th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
redpeonyrestaurant.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。