バターたっぷり アメリカの家庭の味

ホイットニー美術館のすぐそば、ミートパッキングエリアにある「バビーズ ハイライン店」は、素朴かつホッとする雰囲気のレストランで、まるで誰かの家に招かれたよう。アメリカの家庭の味を、長年提供し続けている。

マンハッタン内ではトライベッカ(近々、改装オープン予定)にも店舗を持つ他、2009年には日本にも上陸。日本から移住してきた人の中にも、同店を知っているという人は多いのではないだろうか。

 

バターの香り漂うビスケットは、中がふんわりしていて、一度食べたらクセになる。

 

「朝から晩まで営業中のため、毎日の仕込みが大切」というマネジャーのカルロスさん。ソースは厳選された食材を2日以上かけて丁寧に煮込んでいる他、人気の「フライドチキン&パンケークス」も、フライドチキンにしっかり味を染み込ませるために、仕込みに36時間かけているという。

 

「Fried Chicken & Pancakes($24)」の、衣はサクサク、中はジューシーなフライドチキンは、骨までしゃぶりつきたくなるほど、味がしっかり染みている。メープルシロップをたっぷりかけて

 

また、3カ月ごとに味が変わる、ジャムやパイは、それぞれの季節にしか味わえないことも客を飽きさせない。「何度も足を運んでくれる客が多い」とうれしそうに話すカルロスさん。週末はほぼ1日中、店の前に行列が出来ている。アットホームなアメリカの味を食べに行こう。

 

季節ごとに変わるパイは、今回はピーチパイ。一緒に付いてくる生クリームも、甘過ぎないのがちょうどいい

 

Bubby’s

73 Gansevoort St.
(bet. 9th Ave. & Washington St.)
TEL: 212-219-0666
bubbys.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。