バターたっぷり アメリカの家庭の味

ホイットニー美術館のすぐそば、ミートパッキングエリアにある「バビーズ ハイライン店」は、素朴かつホッとする雰囲気のレストランで、まるで誰かの家に招かれたよう。アメリカの家庭の味を、長年提供し続けている。

マンハッタン内ではトライベッカ(近々、改装オープン予定)にも店舗を持つ他、2009年には日本にも上陸。日本から移住してきた人の中にも、同店を知っているという人は多いのではないだろうか。

 

バターの香り漂うビスケットは、中がふんわりしていて、一度食べたらクセになる。

 

「朝から晩まで営業中のため、毎日の仕込みが大切」というマネジャーのカルロスさん。ソースは厳選された食材を2日以上かけて丁寧に煮込んでいる他、人気の「フライドチキン&パンケークス」も、フライドチキンにしっかり味を染み込ませるために、仕込みに36時間かけているという。

 

「Fried Chicken & Pancakes($24)」の、衣はサクサク、中はジューシーなフライドチキンは、骨までしゃぶりつきたくなるほど、味がしっかり染みている。メープルシロップをたっぷりかけて

 

また、3カ月ごとに味が変わる、ジャムやパイは、それぞれの季節にしか味わえないことも客を飽きさせない。「何度も足を運んでくれる客が多い」とうれしそうに話すカルロスさん。週末はほぼ1日中、店の前に行列が出来ている。アットホームなアメリカの味を食べに行こう。

 

季節ごとに変わるパイは、今回はピーチパイ。一緒に付いてくる生クリームも、甘過ぎないのがちょうどいい

 

Bubby’s

73 Gansevoort St.
(bet. 9th Ave. & Washington St.)
TEL: 212-219-0666
bubbys.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。