名物ロブスターロールにやみつき  プリっとジューシーでぜいたくな味

ノリータにある「エドズ・ロブスター・バー」は、ロブスターを心から愛してやまないエド・マクファーランドさんが開いた店。新鮮な風味を客に届けるために、毎日約200ポンドのロブスターを仕入れ、調理しているというエドさんは、「ロブスターをゆで、炒め、料理を作ることは私のパッション。毎日が楽しい」と話してくれた。

オイスターやカニ、エビなど、他の魚介類メニューも多く取りそろえているが、やはり客の目当ては店の名前にも付いている「ロブスター」。その日の仕入れ値で提供するロブスターロールは、キッチンで大量にさばいた身を、あふれるほどたっぷり乗せた状態でテーブルに運んできてくれる。味付けは、素材の味を生かし、シンプルに調理されているところもいい。

 

一番人気の「Lobster Roll(時価)」は、毎日約200食ほど提供。バターたっぷりのパンに挟んだロブスターを口に入れた時の、プリプリとした食感がたまらない。揚げたてフライドポテトと共に召し上がれ

 

「Lobster Mac N Cheese」は、ロブスターのうま味がたっぷり染み込んでいて、マカロニとの相性も抜群。

 

その他、バーガーやラビオリ、ポットパイ、スープ、サラダまで、メニューはロブスター尽くし。普段、食べる機会があまりない日本人にとって、新しい味の発見があるかも。新鮮かつジューシーなロブスターを堪能できるぜいたくなひとときを、この機会に味わおう。

 

 

オーナーのエドさん

 

Ed’s Lobster Bar
222 Lafayette St.
TEL: 212-343-3236
lobsterbarnyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)