名物ロブスターロールにやみつき  プリっとジューシーでぜいたくな味

ノリータにある「エドズ・ロブスター・バー」は、ロブスターを心から愛してやまないエド・マクファーランドさんが開いた店。新鮮な風味を客に届けるために、毎日約200ポンドのロブスターを仕入れ、調理しているというエドさんは、「ロブスターをゆで、炒め、料理を作ることは私のパッション。毎日が楽しい」と話してくれた。

オイスターやカニ、エビなど、他の魚介類メニューも多く取りそろえているが、やはり客の目当ては店の名前にも付いている「ロブスター」。その日の仕入れ値で提供するロブスターロールは、キッチンで大量にさばいた身を、あふれるほどたっぷり乗せた状態でテーブルに運んできてくれる。味付けは、素材の味を生かし、シンプルに調理されているところもいい。

 

一番人気の「Lobster Roll(時価)」は、毎日約200食ほど提供。バターたっぷりのパンに挟んだロブスターを口に入れた時の、プリプリとした食感がたまらない。揚げたてフライドポテトと共に召し上がれ

 

「Lobster Mac N Cheese」は、ロブスターのうま味がたっぷり染み込んでいて、マカロニとの相性も抜群。

 

その他、バーガーやラビオリ、ポットパイ、スープ、サラダまで、メニューはロブスター尽くし。普段、食べる機会があまりない日本人にとって、新しい味の発見があるかも。新鮮かつジューシーなロブスターを堪能できるぜいたくなひとときを、この機会に味わおう。

 

 

オーナーのエドさん

 

Ed’s Lobster Bar
222 Lafayette St.
TEL: 212-343-3236
lobsterbarnyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。