名物ロブスターロールにやみつき  プリっとジューシーでぜいたくな味

ノリータにある「エドズ・ロブスター・バー」は、ロブスターを心から愛してやまないエド・マクファーランドさんが開いた店。新鮮な風味を客に届けるために、毎日約200ポンドのロブスターを仕入れ、調理しているというエドさんは、「ロブスターをゆで、炒め、料理を作ることは私のパッション。毎日が楽しい」と話してくれた。

オイスターやカニ、エビなど、他の魚介類メニューも多く取りそろえているが、やはり客の目当ては店の名前にも付いている「ロブスター」。その日の仕入れ値で提供するロブスターロールは、キッチンで大量にさばいた身を、あふれるほどたっぷり乗せた状態でテーブルに運んできてくれる。味付けは、素材の味を生かし、シンプルに調理されているところもいい。

 

一番人気の「Lobster Roll(時価)」は、毎日約200食ほど提供。バターたっぷりのパンに挟んだロブスターを口に入れた時の、プリプリとした食感がたまらない。揚げたてフライドポテトと共に召し上がれ

 

「Lobster Mac N Cheese」は、ロブスターのうま味がたっぷり染み込んでいて、マカロニとの相性も抜群。

 

その他、バーガーやラビオリ、ポットパイ、スープ、サラダまで、メニューはロブスター尽くし。普段、食べる機会があまりない日本人にとって、新しい味の発見があるかも。新鮮かつジューシーなロブスターを堪能できるぜいたくなひとときを、この機会に味わおう。

 

 

オーナーのエドさん

 

Ed’s Lobster Bar
222 Lafayette St.
TEL: 212-343-3236
lobsterbarnyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)