日本愛が炸裂! サクッとジューシーなカツサンド

ニューヨークはいま、空前の「カツサンド」ブームだ。そんな中、また新たな店がローワーイーストに今週オープンした。その名は「オタクカツ」。カツサンドはもちろん、トンカツ弁当まであるのだから、日本人シェフが故郷の味を調理しているのかと思いきや、アメリカ人のシェフ、ディミトリさんが作っているというから驚きだ。

 

「Katsu Sando($12)」は、カツサンドを挟むパンも日本人好みの、ふわっとしたやわらかい食パントースト。衣はサクサク、カツはジューシーかつ、やわらかい仕上がり

 

ディミトリさんは奥様のクリスティンさんと共に、サクサクのトンカツに大ハマり。「日本のトンカツの味をアメリカでも伝えたい」と思った2人は、日本に何度も足を運び、トンカツを探究した。

 

アツアツのフライドポテトの上に、キャベツ、紅しょうが、かつお節、お好み焼きソースとマヨネーズをトッピングした「Okonomiyaki Fries」は、食べ始めるとクセになる。

 

「Kani Inari」は、カニサラダの上に乗ったイクラの、プチプチした食感がたまらない

 

メニューには、カツサンド以外にも、タマゴサンド、トンカツ弁当、おにぎり、いなり寿司など、日本のお弁当屋さんのようなメニューがズラリと並ぶ。リーズナブルな値段なのもうれしい。店内も、招き猫や掛け軸など、2人の日本愛が所狭しとあふれていて、居心地のいい空間となっている。

揚げたてのトンカツが久しぶりに食べたい気分になったら、ローワーイーストへ行ってみては?

 

Otaku Katsu
137 Rivington St.
(bet. Suffolk & Norfolk Sts.)
TEL: 917-388-3924
otakukatsu.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。