やみつきの辛さに思わず舌鼓! 本格的な四川料理を味わう

イーストビレッジにある「セチュアン・マウンテン・ハウス」は、中国・四川省の本格的な郷土料理が味わえる。ニューヨーク大学の近くにあり、リーズナブルな値段のおかげか、学生を中心にアジア系から欧米人と、幅広い客層が足を運んでいるそうだ。

 

「La Zi Chicken($16.95)」は真っ赤な色合いに反して、辛さはピリッとする程度に控えめ。チキン以外の香辛料は、チャーハンなどの炒め物に再利用してもおいしいそうだ

 

中華ならではの「麻辣(マーラー)」という独特の風味は、唐辛子や四川唐辛子のやみつきになる辛さと、ふんだんに使用した四川ペッパーコーンのしびれるような辛さの融合。食べていると発汗作用だけでなく、舌が継続的にしびれるような状態が続く。「辛いけれど箸が止まらなくなります」と、マネジャーのレオさん。

 

「Suan Tang Beef Soup」は、ダシの染みた牛肉と、しらたきがたっぷり入った熱々スープ。ペッパーコーンがやみつきに。

 

「Sliced Pork Belly」(写真中央)は、豚肉とキュウリのスライスに、麻辣だれをつけたさっぱりした後味

 

一番のこだわりともいえる香辛料も、中国から取り寄せている。その他、ティーポットや陶器など、使用する食器類も中国製にこだわっているそうだ。「チャイナタウンでも手に入らないですからね。懐かしい味だけでなく、故郷そのものを感じてもらえるような雰囲気を用意しています」とレオさん。本格中華を食べたいと思ったら、足を運んでみよう。

 

 

 

Szechuan Mountain House
23 St. Marks Pl.
TEL: 917-388-3866
szechuanmountainhouse.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)