やみつきの辛さに思わず舌鼓! 本格的な四川料理を味わう

イーストビレッジにある「セチュアン・マウンテン・ハウス」は、中国・四川省の本格的な郷土料理が味わえる。ニューヨーク大学の近くにあり、リーズナブルな値段のおかげか、学生を中心にアジア系から欧米人と、幅広い客層が足を運んでいるそうだ。

 

「La Zi Chicken($16.95)」は真っ赤な色合いに反して、辛さはピリッとする程度に控えめ。チキン以外の香辛料は、チャーハンなどの炒め物に再利用してもおいしいそうだ

 

中華ならではの「麻辣(マーラー)」という独特の風味は、唐辛子や四川唐辛子のやみつきになる辛さと、ふんだんに使用した四川ペッパーコーンのしびれるような辛さの融合。食べていると発汗作用だけでなく、舌が継続的にしびれるような状態が続く。「辛いけれど箸が止まらなくなります」と、マネジャーのレオさん。

 

「Suan Tang Beef Soup」は、ダシの染みた牛肉と、しらたきがたっぷり入った熱々スープ。ペッパーコーンがやみつきに。

 

「Sliced Pork Belly」(写真中央)は、豚肉とキュウリのスライスに、麻辣だれをつけたさっぱりした後味

 

一番のこだわりともいえる香辛料も、中国から取り寄せている。その他、ティーポットや陶器など、使用する食器類も中国製にこだわっているそうだ。「チャイナタウンでも手に入らないですからね。懐かしい味だけでなく、故郷そのものを感じてもらえるような雰囲気を用意しています」とレオさん。本格中華を食べたいと思ったら、足を運んでみよう。

 

 

 

Szechuan Mountain House
23 St. Marks Pl.
TEL: 917-388-3866
szechuanmountainhouse.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。