やみつきの辛さに思わず舌鼓! 本格的な四川料理を味わう

イーストビレッジにある「セチュアン・マウンテン・ハウス」は、中国・四川省の本格的な郷土料理が味わえる。ニューヨーク大学の近くにあり、リーズナブルな値段のおかげか、学生を中心にアジア系から欧米人と、幅広い客層が足を運んでいるそうだ。

 

「La Zi Chicken($16.95)」は真っ赤な色合いに反して、辛さはピリッとする程度に控えめ。チキン以外の香辛料は、チャーハンなどの炒め物に再利用してもおいしいそうだ

 

中華ならではの「麻辣(マーラー)」という独特の風味は、唐辛子や四川唐辛子のやみつきになる辛さと、ふんだんに使用した四川ペッパーコーンのしびれるような辛さの融合。食べていると発汗作用だけでなく、舌が継続的にしびれるような状態が続く。「辛いけれど箸が止まらなくなります」と、マネジャーのレオさん。

 

「Suan Tang Beef Soup」は、ダシの染みた牛肉と、しらたきがたっぷり入った熱々スープ。ペッパーコーンがやみつきに。

 

「Sliced Pork Belly」(写真中央)は、豚肉とキュウリのスライスに、麻辣だれをつけたさっぱりした後味

 

一番のこだわりともいえる香辛料も、中国から取り寄せている。その他、ティーポットや陶器など、使用する食器類も中国製にこだわっているそうだ。「チャイナタウンでも手に入らないですからね。懐かしい味だけでなく、故郷そのものを感じてもらえるような雰囲気を用意しています」とレオさん。本格中華を食べたいと思ったら、足を運んでみよう。

 

 

 

Szechuan Mountain House
23 St. Marks Pl.
TEL: 917-388-3866
szechuanmountainhouse.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)