やみつきの辛さに思わず舌鼓! 本格的な四川料理を味わう

イーストビレッジにある「セチュアン・マウンテン・ハウス」は、中国・四川省の本格的な郷土料理が味わえる。ニューヨーク大学の近くにあり、リーズナブルな値段のおかげか、学生を中心にアジア系から欧米人と、幅広い客層が足を運んでいるそうだ。

 

「La Zi Chicken($16.95)」は真っ赤な色合いに反して、辛さはピリッとする程度に控えめ。チキン以外の香辛料は、チャーハンなどの炒め物に再利用してもおいしいそうだ

 

中華ならではの「麻辣(マーラー)」という独特の風味は、唐辛子や四川唐辛子のやみつきになる辛さと、ふんだんに使用した四川ペッパーコーンのしびれるような辛さの融合。食べていると発汗作用だけでなく、舌が継続的にしびれるような状態が続く。「辛いけれど箸が止まらなくなります」と、マネジャーのレオさん。

 

「Suan Tang Beef Soup」は、ダシの染みた牛肉と、しらたきがたっぷり入った熱々スープ。ペッパーコーンがやみつきに。

 

「Sliced Pork Belly」(写真中央)は、豚肉とキュウリのスライスに、麻辣だれをつけたさっぱりした後味

 

一番のこだわりともいえる香辛料も、中国から取り寄せている。その他、ティーポットや陶器など、使用する食器類も中国製にこだわっているそうだ。「チャイナタウンでも手に入らないですからね。懐かしい味だけでなく、故郷そのものを感じてもらえるような雰囲気を用意しています」とレオさん。本格中華を食べたいと思ったら、足を運んでみよう。

 

 

 

Szechuan Mountain House
23 St. Marks Pl.
TEL: 917-388-3866
szechuanmountainhouse.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。