心地よいひとときが過ごせる 朝ごはんカフェ

マンハッタンのおしゃれな地区、ソーホーにある「ママン」。フランス語で「母」という意味の名前がついたこの店は、現在ソーホー以外にトライベッカの他、ブルックリン、そしてカナダにも店舗を8店舗へと拡大。地元の人から観光客まで、幅広い層に支持されている。

 

朝食の定番「farmhouse granola parfait ($9.5)」は、ギリシャヨーグルトに、自家製グルテンフリーの入ったアーモンドバターとグラノーラ、たっぷりのフルーツでヘルシーに。はちみつをプラスするのもオススメ

 

創立パートナーのベンジャミンさんとエリサさんの子供時代の思い出と、フランス出身の母親のレシピを基に、朝食やデザートを中心に、伝統の味と地元のこだわり食材をミックスさせた。メニューには、キッシュやサンドイッチなどの定番だけでなく、季節ごとの限定メニューも用意。中でもナッツ・チョコレートチップ・クッキーは、『ニューヨークマガジン』で「最高のチョコレートチップ・クッキーの一つ」と、絶賛された。程よく甘く香ばしい味は、何度でも食べたくなるほど。

 

 

クッキーは、手頃なサイズと甘過ぎないところがいい。

 

訪れると、つい長居してしまいたくなる居心地の良さと共に、一人でも友人とでも楽しい時間を過ごそう。

カントリー調の店内では、かわいらしい雑貨も販売している。

 

「daily quiche」は、ケール、ズッキーニなど、具もその日によってさまざま。

 

デザインがおしゃれなコーヒーカップを目当てに訪れる客も多い


Maman soho
239 Centre St.
(bet. Grand & Broome Sts.)
TEL: 212-226-0700
mamannyc.com/maman-soho

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)