持ち帰りも楽しめる アツアツスパゲティ

ガンズ・アンド・ローゼズのアルバムタイトル、『The Spaghetti Incident?』を店の名前に引用した、ローワーイーストにある「スパゲティ・インシデント」。「アルバムの表紙のスパゲティ写真があまりにおいしそうだったから」と教えてくれた、オーナーのジョバンニ・ジンティーレさんの店では、イタリアの家庭の味を自家製麺と共にリーズナブルに提供している。

 

「Chitarra」は持ち帰り用コーンで。モッツァレラチーズとバジルの相性が抜群。写真中央のアランチーニは、「Artichoke & Parmigiano」と「Pesto & Gorgon-zola」。トマトソースをたっぷり付けて召し上がれ

 

王道の「Carbonara($15)」は、濃厚なクリームに反して、意外とさっぱりした味わい。卵黄クリーム、クリスピーパンチェッタ、パルミジャーノとこしょうがうまく絡み合い、食が進む

 

この店の人気といえば、コーン型の厚紙にアツアツのスパゲティをたっぷり入れた、テークアウトスタイルだろう。テークアウト専用コーナーで出来上がったスパゲティを手に持ち、ニューヨークの街を歩きながら気軽に食べられるのがいい。ジョバンニさんいわく、イタリアのフードフェスティバルなどでは、こうした形態がポピュラーだそうだ。

 

また、イタリア料理の要といえるトマトソースは、塩、オリーブオイルなどにこだわり、イタリアから運んできた食材で勝負している。

店内で落ち着いて食べるか、街を歩きながら食べるか、その日の気分で選んでみては?

 

 

 

 

Spaghetti Incident
231 Eldridge St.
(bet. Houston & Stanton Sts.)
TEL: 646-896-1446
spaghettiincidentnyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。