思わず頰が落ちる ほっこりパンケーキ

人気のミートパッキングエリアにある「ザ・ワイルド・サン」は、ホイットニー美術館やハドソン川にほど近い場所にひっそりと建つ、おしゃれなアメリカ料理店だ。野菜や穀物など、こだわりの食材を使用し、ビーガンの人たちにもやさしいメニューを用意している。

 

 

ブランチ利用の客が多く、ベリーやバナナなどのフルーツが山盛りで、見た目がかわいいパンケーキの他、たっぷりのベーコンにアボカド、トマト、目玉焼きをのせた食べ応えのある「Good Morning Sunshine目当てに、開店前から行列ができることも。どのメニューも手頃な価格で、ブランチは夕方4時まで食べられるのもうれしい。何よりも、いつ訪れてもフレンドリーなスタッフたちが笑顔で迎えてくれる、アットホームな雰囲気がこの店の一番の魅力だ。

 

 

秋には、イーストビレッジに2号店もオープン予定だという。体にもやさしくておいしい料理の数々を堪能しながら、心地良いひと時が過ごせる店に、一度と言わず、何度も足を運びたくなる。

 

 

The Wild Son
53 Little W. 12th St.
(bet. Washington St. & 10th Ave.)
TEL: 212-727-7900
thewildsonnyc.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。