思わず頰が落ちる ほっこりパンケーキ

人気のミートパッキングエリアにある「ザ・ワイルド・サン」は、ホイットニー美術館やハドソン川にほど近い場所にひっそりと建つ、おしゃれなアメリカ料理店だ。野菜や穀物など、こだわりの食材を使用し、ビーガンの人たちにもやさしいメニューを用意している。

 

 

ブランチ利用の客が多く、ベリーやバナナなどのフルーツが山盛りで、見た目がかわいいパンケーキの他、たっぷりのベーコンにアボカド、トマト、目玉焼きをのせた食べ応えのある「Good Morning Sunshine目当てに、開店前から行列ができることも。どのメニューも手頃な価格で、ブランチは夕方4時まで食べられるのもうれしい。何よりも、いつ訪れてもフレンドリーなスタッフたちが笑顔で迎えてくれる、アットホームな雰囲気がこの店の一番の魅力だ。

 

 

秋には、イーストビレッジに2号店もオープン予定だという。体にもやさしくておいしい料理の数々を堪能しながら、心地良いひと時が過ごせる店に、一度と言わず、何度も足を運びたくなる。

 

 

The Wild Son
53 Little W. 12th St.
(bet. Washington St. & 10th Ave.)
TEL: 212-727-7900
thewildsonnyc.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)