リピーター続出! 絶品ふわとろオムライス

マンハッタン区ウェストビレッジにある「バー・モガ」は、日本の洋食とお酒をレトロな雰囲気の中でおいしく味わえる店。

定番メニューのオムライスは、チキンライスの上に包まれたオムレツ姿で登場。シェフの奥田慎太郎エレアザルさんがスッとナイフを入れると、内側に隠れていた半熟卵が皿一面にあふれ出した。そこへ、3日間じっくり煮込んだ特製デミグラスソースをかけると、卵とほどよく混じり合い、口の中で心地よくとろける。まさに「洋食の王様」だ。

 

「Omurice($18)」のソースは、ケチャップではなく、地元の食材をじっくり煮込んだデミグラスソースをたっぷりかける。一度食べるとやみつきになるオムライスを求め、リピーターも増えている

 

もう一つの人気メニュー、カツサンドは、さくらポークのジューシーさと、挟んだ食パンのカリッとした食感がクセになる。「ソースはみそベースで、定番との違いを出しています」と奥田シェフ。他にも、カニクリームコロッケやシーフードグラタンなど、洋食好きには堪らないメニューを取りそろえている。

 

ビールやワインだけでなく、日本酒やウイスキーなど日本のお酒も充実。バーテンダーの作るオリジナルカクテルが洋食とさらに合う。金・土曜は深夜2時まで営業

 

客層は意外にも日本人より地元の人が多いという。「食べてくれた人が温かい気持ちになってくれれば」と、奥田シェフは笑顔で語った。

 

 

 

 

BAR MOGA
128 W. Houston St
TEL: 929-399-5853
barmoga.com

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)