とんこつの街・久留米から上陸 串焼きとラーメンで酒が進む!

日本からまた一つ、人気のラーメン店がニューヨークに上陸だ。福岡県久留米市発の「天炮拉麺」は、同地にあるラーメンの名店「大砲ラーメン」で厳しい修行を積んだオーナーシェフが開いた店。先週、3アベニュー沿いにグランドオープンした。

 

初来店の1杯は、やはり「Tenho Kurume Ramen($15)」で。ジューシーなチャーシューとたっぷりのネギで、食べ応えも抜群だ。同じスープでトッピングに辛子明太子を加えた「明太子ラーメン」も人気メニュー

 

酒と焼酎の品ぞろえの良さが自慢のバーカウンターは、モダンでカジュアルな雰囲気。カウンターに腰掛け、酒、そして串焼きをゆっくり楽しむのに向いている。肉厚の牛タンに甘いプチトマト、シャキシャキのレタス肉巻きなど、個性の光る串を楽しみたい。

女子人気が高いのは「スパイシートマトラーメン」。ラーメンとパスタの中間に位置するような不思議な味わいだ。串は、シェフのおまかせセット(5本)もある

 

夏のオススメのドリンクは、レモンの輪切りを敷き詰めたサワー。みずみずしい酸味が「いいちこ」焼酎によく合う。将来的には、ハッピーアワーおよびレート・ハッピーアワーを導入予定とのこと。

そして看板メニューでもある「天炮久留米ラーメン」は、クリーミーでさっぱりしたとんこつスープに、ストレート麺がよく絡む。コクはしっかり出しつつ、マイルドな後味を実現。

 

 

Tenho Ramen
542 3rd Ave.
(bet. 36th & 37th Sts.)
TEL: 646-781-9025
tenhoramen.com

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)