巻頭特集

いつもと違う駅で降りてみて! 週末のプチお出掛け 〜ホーボーケン編〜

ポカポカ陽気に誘われて、いつもと違う駅で降りれば意外な発見もあるはず。今号では、往復5.50ドルでちょっとした旅気分を味わえる街、ニュージャージー州ホーボーケンを探索した。(取材・文/加藤麻美)


半日あれば十分!
ホーボーケンお散歩コース

赤い線の範囲内がホーボーケン

マンハッタン区6番街9丁目、またはクリストファーストリート/シェリダンスクエアからパストレインで10分。隣町ジャージーシティーと並んで「ニューヨーク市6番目の区」と呼ばれるホーボーケンは、総面積わずか1275平方マイルの小さな町だ。

ベッドタウンとしても人気で、1990年代後半から大型コンドミニアムが次々と完成。リプトン紅茶やマックスウェルコーヒーの工場跡は大規模な集合住宅に変わり、遊歩道が整備されるなどハドソン川沿いの景色はこの30年で大きく変わった。

アイルランドやイタリア系移民が多く居住したことからヨーロッパ風建築が立ち並び、現在も白人が人口の8割以上を占めている。川を隔てて目と鼻の先にもかかわらず、ニューヨーク市とは全く違った雰囲気を漂わせるホーボーケンを、いざ探索!


お散歩スタート!

ターミナル駅と時計台

パストレインのホーボーケン駅に着いたら、改札を出て右側の階段を上がる。目の前のハドソンプレースを右に歩くと、緑鮮やかなパティーナ(緑青)で彩られたボザール様式の堂々たる外観の建物が見える。これが鉄道、フェリー、パストレインが乗り入れるホーボーケンターミナルで、1907年にデラウェア・ラッカワナ&ウェスタン鉄道が建造した。建築家ケネス・M・マーチン設計の駅舎は、ニュージャージー州と米国の歴史的建造物に登録されている。待合室の天井にはめ込まれたタイル張りのステンドグラスはルイス・コンフォート・ティファニーが制作。ハドソン川は当時、霧のために遅れることが多かったので、フェリーの到着を待つ多数の人を収容できる大劇場のような造りになったそうだ。

駅舎と一緒に建てられた225フィート(約69メートル)の時計台は、構造上の問題と経年劣化のため50年代初頭に解体され、ターミナル駅開業100周年記念となる2007年にオリジナル同様に再現。夜間はライトアップされる。


ラ・イスラ

フードネットワークの「ダイナーズ・ドライブイン・ダイブ」にも登場したキューバ料理店「ラ・イスラ」はグルメガイドの常連。ここで探索前の腹ごしらえをする。日替わりランチは「レチョンアサド」(キューバ風ローストポーク、17ドル)がおすすめ。

La Isla Restaurant
104 Washington St.
Hoboken, NJ 07030
TEL: 201-659-8197
laislarestaurant.com


コートストリート

イタリアの小さな町に迷いこんだよう

お腹がいっぱいになったら1丁目をハドソン川方向に歩き、川沿いに北へ延びるウォーターフロントウォークウェーへ。途中に石畳の道コートストリートがあるので要チェック。ホーボーケン歴史博物館によると、この道ができたのは1804年。マーロン・ブランド主演の1954年の映画「On The Waterfront」のロケ地としても使われた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。