巻頭特集

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべき ミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。


ダンサー小野由利加さんが解説!
2022年、ブロードウェーの見どころは?

ブロードウェーミュージカルが再開し早4カ月。現在の劇場の様子と上演作品について、ダンサーの小野由利加さんに話を聞いた。

現在の劇場の様子は?

再開直後の昨年9月に「ウィキッド」の初日公演を見に行きました。印象的だったのが、開演の30分前には大半の人が着席して幕開けを待っていたことです。ミュージカルファンがこんなにもいて、みんながこの瞬間を待ち望んでいたんだと、マスク越しにでも感じることができました。

そんな中、昨年末にはオミクロン株拡大の影響で再び休演が相次ぎました。演者は劇場を一歩出るたびにラピッドテストを受けるなど、感染防止のために細心の注意を払いながら公演を続けている状況です。

 

公演中の作品の特徴は?

BLM(ブラック・ライブズ・マター)の影響が色濃く出ています。劇中に社会の風潮を取り入れるのがブロードウェーの特徴。「ウィキッド」や「オペラ座の怪人」のメインキャストにアフリカ系アメリカ人が起用されたことや、1960年代アメリカの黒人差別社会を描いた「キャロライン・オア・チェンジ」が話題を呼びました。

少し前になりますが「ハリー・ポッターと呪われた子供」のハーマイオニー役にアフリカ系女優ノーマ・ドゥメズウェニさんが抜擢されました。誰もがイメージするハーマイオニー像とは異なる配役でしたが、彼女の演技には全く違和感がありませんでした。演技力は人種の壁を越える、そう感じた瞬間です。原作者のJ・K・ローリングや映画で同役を演じた女優エマ・ワトソンも彼女の演技を絶賛しています。

昨年11月、「シカゴ」の公演25周年を記念したフラッシュモブでダンスを披露する小野さん

 

今、何を見ればいい?

とにかく新作ミュージカルの鑑賞をおすすめします。新作に出演するオリジナルキャストは、役柄に演者自身のキャラクターが反映されたり、その人のためのパートが作られたりします。彼らは、そこで成功させないといけないというプレッシャーがあるので、気合いとパワーが違うんです。

新作「マイケル・ジャクソン・ミュージカル」や「シックス」、3月に再演予定の「ミセス・ダウト」はどれもおすすめです。64年ぶりにリバイバルされた「ザ・ミュージックマン」はチケットが他に比べて高いですがヒュー・ジャックマンの名演が見れるので払う価値ありです!

英語が心配な人は?

英語が理解できないのが心配という人には「ライオンキング」がおすすめです。また「ハミルトン」や「ディア・エヴァン・ハンセン」「シカゴ」「オペラ座の怪人」など、ミュージカルが映画化されている作品がたくさんあるので、英語が心配でも予習していくと十分理解できると思います。「ミセス・ダウト」や「ムーラン・ルージュ」など、映画をもとに作られているものは、原作を見てから劇場に足を運ぶとより楽しめますよ。
次頁では、引き続き小野さんにおすすめのミュージカルをピックアップして詳しく紹介してもらう。

 

 

お話を聞いた人

小野由利加さん

1995年東京生まれのNY在住学生ダンサー。
2017年に来米しSteps on Broadwayでダンスを学ぶ。
22年に同校を卒業。
4月よりアメリカン・ミュージカル&ドラマ・アカデミー(AMDA)に入学する。
来米以来全てのブロードウェー作品を鑑賞する。
Instagram: @ulikaxx

 

2022年ブロードウェーウィークの
対象ミュージカルをチェック!


年に2度のブロードウェーウィークがスタート。2月13日(日)までに公演される作品の、2枚のチケットが1枚分の値段で購入できる。公式サイトから、対象作品を確認してみよう。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。