巻頭特集

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべき ミュージカルガイド

知ってるともっと楽しめるかも?
ブロードウェーミュージカルの豆知識


ブロードウェーとミュージカルの歴史

ミュージカルの起源は?

ミュージカルの起源は、ヨーロッパから持ち込まれたオペラや、それを大衆的に娯楽化させたオペレッタだといわれている。

それらがアメリカに渡り「ボードビル」という歌やダンス、漫談や曲芸を披露する寄席演芸や、ダンス主体の「レビュー」などさまざまな演劇に影響を受けてミュージカルへと発展した。

ニューアムステルダムシアター

ブロードウェーの始まり

現在の劇場街は、先住民の踏み分け道「インディアントレール」だった。ニューアムステルダム植民地をつくったオランダ人が、そこを南北に縦断する道を「ブロードウェー」と命名。独立戦争を経てタイムズスクエア一帯をブロードウェーと呼ぶようになった。

劇場街はいつできた?

1767年に、ニューヨーク初の常設劇場、ジョンストリート劇場が建設された。1830年には庶民向けの劇場も続々と登場。70年頃になると、当時の娯楽の主流だったオペラだけでなく、ボードビルやサーカスなどの見せ物が上演されるようになった。それと同時に多くの劇場が作られ、タイムズスクエア周辺が劇場街と称されるようになった。

タイムズスクエアの真ん中に立つ、ブロードウェーミュージカルの父、ジョージ・M・コーハン。ボードビルを舞台に持ち込み、ミュージカルのもとを作ったといわれている

1904年にはニューヨークに地下鉄が開通し、街が白球電球の看板で彩られ、「Great White Way」と呼ばれるきらびやかな街となっていった。


ミュージカル用語集

「プリンシパル」

主役および準主役を演じる人。役名があり、歌のソロや芝居の大きな見せ場がある。

「アンサンブル」

プリンシパルを支える役者やダンサーのこと。集団で踊ったり歌ったりすることが多く、1公演で複数の役を演じる。

「オリジナルキャスト」

初演、または再演時に最初に配役される出演者。リハーサル期間を経て自分で役を作り上げるので、演者自身のキャラクターに合わせて、歌詞やセリフが作られることがある。

「オフブロードウェー」

客席数500未満の劇場、またそこで上演される作品のこと。一般的にブロードウェー作品と呼ばれるのは「オンブロードウェー」を指す。現在「ストンプ」や「ブルーマングループ」などが公演中。

「プレービル」

劇場で配られるプログラムのこと。作品のあらすじや出演者のプロフィールなどが記載されている。ウェブ版のプレービルでは、日々ミュージカル情報が更新される。

「ブレーク・ア・レッグ」

「幸運を祈る(Good Luck)」という意味で使われる慣用句。舞台に上がる前やオーディションを受ける人に言われる。演劇界では、幸運を祈ると不運を呼んでしまうという迷信があるため「Break a leg」と不運を祈ることで、幸運を引き寄せるといわれている。

「レガシーローブ」

演者やステージマネージャーなどスタッフ全員が、オープニングナイトの公演前に舞台上に集まって行う伝統行事。ブロードウェーの出演作が最も多いアンサンブルメンバーが、ローブを着てその場で3回周り、他のメンバーがそれに触れることでミュージカルの成功を祈る。ローブはその年に始まるミュージカル作品間で引き継がれる。以前はジプシーローブと呼ばれた。


ブロードウェーウィークを逃しても大丈夫!
チケットをお得に手に入れる方法

★劇場のボックスオフィス

手数料がネットで購入するよりも安い上に、予算に応じて見やすい席を教えてもらえたり、直接窓口で相談することができる。

★TodayTix

1〜3カ月ほど前から、20〜60%オフの格安チケットが購入できるサイト。席は細かく指定できず、セクションしか選べないので場所にこだわらない人にはおすすめ。

todaytix.com

★tkts(チケッツ)

各劇場の当日券を最大半額で販売してくれるチケットブース。タイムズスクエア店は混むことが多いので、リンカーンセンター店に行くのがおすすめ。

tdf.org

★Rush Ticket(ラッシュチケット)

劇場窓口で先着順に手に入れられる格安チケット。1日に販売される枚数はかなり少ないが、ほとんどの作品のチケットが25〜50ドルで購入できる。とにかくチケットを安く手に入れたい、早朝から劇場前に何時間も並べるという人にはおすすめ。全ての劇場でラッシュチケットを販売しているわけではないので、劇場窓口か下記のサイトから確認しよう。

playbill.com

★Lottery(ロタリー)

当たればラッキーな、チケット抽選サイト。「ブロードウェーダイレクト」のウェブサイトか、各上映作品の公式ホームページから申し込む。競争率が高く当たる確率が低いので、くじ引き感覚で申し込んでみて。

lottery.broadwaydirect.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。