巻頭特集

編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう

市内のニット手芸店に訪れてみよう

どの店も個性的なニット手芸店。自然素材で染めた糸を扱う店やファームデーを開催するクラフト店など、市内にある4店をご紹介。


ダウンタウンヤーンズ

イーストビレッジの毛糸店「ダウンタウンヤーンズ」は、3ページでも紹介したレティーさんに会えるお店。アップステートはもちろん、ヨーロッパや日本から輸入した手染めの糸を扱っている。天然素材にこだわる人気メーカー「野呂」の毛糸もそろっている。小さなお店なので店内に入れるのは一度に6人が上限。コミュニティーを大切にするオーナーのリタさんはじめ、糸やデザインの相談にも気軽に応えてくれる。

店内には所狭しと豊富な種類の毛糸が並ぶ

来年1月からは自粛していた対面クラスも再開する。初心者向け、かぎ針編み、パターン作成クラスが予定されており、クラスは1カ月単位で終了する。クラスは主に店舗で行われるが、人数次第で場所が変わることもあるので、詳細は電話で確認してみよう。

トトロたちの飾られたショーウインドーが通りすがりの人の目を楽しませる

 

人気のニッティングクラスも再開予定だ


アニー・アンド・カンパニー

アッパーイーストの店舗では、編み物用とニードルポイント用の毛糸をそろえている。ニードルポイントはキャンバスと呼ばれる粗目の生地に毛糸を刺して仕上げる刺しゅうの技法。キャンバスや糸の豊富さはマンハッタンで一番を誇る。

マンハッタン随一種類が豊富なニードルポイント用の毛糸

来年1月から始まる冬/春クラスは棒針編みクラス3種類、かぎ針編みクラス4種類、ニードルポイントクラスも4種類用意されている。また、同店では初めての試みで親子で参加できるクラスも開催される。8歳から12歳の児童と保護者が一緒に編み物やニードルポイントを学べる。それぞれのクラスに必要な糸や編み針などの道具準備は費用に含まれるので、全くの初心者でもOKだ。

ニードルポイントで制作したゾウ。注文すればクッションや小物の制作も依頼できる

Annie & Company Needlepoint & Knitting
1763 2nd Ave.
TEL: 212-360-7266/annieandco.com


ブルックリン・ジェネラル・ストア

ブルックリンには個性的なクラフト店が多い。中でも同店は毛糸のみならず、手芸に必要なボタンや小物、生地も種類豊富に扱っている。オーナーのキャサリンさんはニットマガジンや書籍に多数のパターンを提供しているニットデザイナーで、彼女のニット作品を実際に見ることができるのもうれしい。

2002年にオープン。オンラインショップも運営している

同店が主催するファームデーにはアップステートやニュージャージーの農場で羊を飼う生産者が直接糸を売る。いわば毛糸のファーマーズマーケットともいえ、生産者から直接話を聞いたり糸を買ったりもできる。対面クラスは現在中断されているが、編み物や洋裁、クラフトを学びたい人にはパーソナルクラスを対応しているので、問い合わせしてみるのがおすすめ。

ファームデーで自作の毛糸を手にする生産者のココさん

Brooklyn General Store
128 Union St., Brooklyn, NY 11231
TEL: 718-237-7753/brooklyngeneral.com


ニッティーシティー

2006年にアッパーウェストにオープンした「ニッティーシティー」。20年に亡くなったオーナーのパールさんの意志を受け継ぎ、現在は息子のザックさんが経営している。同店では、手仕事の愛好者や近隣の人たちが気軽に集まれる場所を提供している。糸の種類もさながら、編み物関係の書籍も豊富にそろっている。

店内には創始者パールさんをモデルにしたニット作品も

対面のニッティングクラスはコロナ禍で中断しているが、店内に置かれた大きなテーブルや店の前に用意されたカフェテーブルを囲み、編み物を楽しむ人たちでにぎわっているのは同店ならでは。クラスは開講していなくても、編み物に詳しいスタッフや客に気軽に教えてもらえるので、ニット仲間を増やすのにもってこいのお店だ。

店の前のテーブルで編み物を楽しむ常連さんたち

Knitty City
208 W. 79th St.
TEL: 212-787-5896/knittycitynyc.com


インスタグラムでフォローしよう!
個性豊かなクリエイターの作品

Tom Daley

@tomdaley
フォロワー: 349万人

フォロワー349万人を誇り、編み物王子の異名を取るオリンピックメダリスト、トーマス・デーリー。王子の笑顔と数々のニット作品に心が和む。


PetiteKnit

@petiteknit
フォロワー: 58万人

デンマークのニットブランド「ペティットニット」のインスタグラムにも注目。デザイナーのメッテさんの着心地よいニットのパターンを販売している。


Phil Ferguson

@chiliphilly
フォロワー: 13.8万人

オーストラリア在住のフィル・ファーガソンさんは、かぎ針編みで仕上げるカラフルで独創的な作品を自身のインスタグラムで発信している。


Arne & Carlos

@arnecarlos
フォロワー: 9.6万人

北欧のニットデザイナーデュオ、アルネ・アンド・カルロスのインスタグラムも必見。彼らのおしゃれでまったりした時間が流れる生活を垣間見れる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。