巻頭特集

編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。(取材・文/キム・クンミ)


「ダウンタウンヤーンズ」のレティーさんに聞く
編み物の楽しさって?

イーストビレッジにある毛糸店「ダウンタウンヤーンズ」に勤めて10年以上になるレティーさんは、いつも自作のニットや洋服の、個性的な装いが評判だ。

レティーさんは12年前、FITでファッションデザインを学ぶためにロサンゼルスからニューヨークに引っ越してきた。ニューヨークに住むようになってすぐ、友人に連れられてこの小さな毛糸店に一歩入った途端、目に飛び込んできたカラフルな色や毛糸の手触りの良さに一瞬で引き込まれてしまったという。当時、編み物は全くの初心者で、ニットのビギナーズクラスに参加したのが編み物初体験だった。

レティーさんのトレードマークのウサギの耳付き帽子も、2つの団子結びにした髪を入れるために自分で考案した。立体的な耳にするために編みながら何度も試行錯誤を繰り返して完成させたそう。自分でデザインした独特な装いも、編み進めながら良い方法を発見して作っていくという。うまくできた時は何ものにも変え難い満足感を得られるとか。

お団子にした髪が収まるよう、試行錯誤して立体的に編み上げたウサギ耳のニット帽。今ではレティーさんのトレードマークとして定着している

編み物は瞑想に通じるセラピー

店にやって来るのは学生やクリエイターも多く、接客から刺激を受けてアイデアがひらめくと、レティーさんは家に飛んで帰って編み物に没頭する。編み物は通勤の地下鉄の中でも公園でも場所を選ばずにできる。指先に集中しひたすら編み針を動かしている間は他のことを考えないのがレティーさんのこだわりだ。

編み物はマインドフルネスに通じる瞑想効果もあるという研究報告がある。ニットセラピーについての著書も多い理学療法士、ベトサン・コークヒル氏がカーディフ大学と協力して3500人を対象に調査したところ、回答者の81%、また、うつ病を患った回答者の54%が編み物で幸福感を感じたと回答している。また、ハーバード大学医学部のハーバート・ベンソン教授によると、高血圧と不眠症、慢性疾患の痛み治療法として患者に編み物を勧めているという。

最近では東京オリンピックの男子シンクロ高飛び込み金メダリスト、イギリスのトーマス・デーリー選手がプールサイドや観客席で編み物をしながらチームメートを応援する姿が話題になった。イギリスの国営放送BBCのインタビューでは、「編み物は自分にとってマインドフルネスになった」と答えている。編み物作品を次々に披露しているデーリー選手のインスタグラムは評判を呼び、現在およそ350万人のフォロワーを集めている。11月には編み物用具やパターンを販売する「Made With Love By Tom Daley」というブランドも立ち上げた。

編み物を通じて知る日本

この冬の「ダウンタウンヤーンズ」のショーウィンドーにはジブリ映画の大ファンだというレティーさんが創作したトトロとチビトトロ、まっくろくろすけが飾られている。大きなトトロを仕上げるためには3カ月を費やしたそうだ。

また、日本の編み物マガジンや書籍にも詳しい彼女は、編む手順を文章で説明したものがほとんどの欧米の書籍に対し、「日本の本には方眼紙を使った編み図などがあり、視覚的でわかりやすい」と教えてくれた。日本の作図方法を学んで自分の作品のパターンを作ることを目標にしているレティーさんの作品集が完成する日もそう遠くない。

 

話を聞いた人

レティー・ルイスさん

イーストビレッジにある「ダウンタウンヤーンズ」に勤務。現在は運営を任されている。
同店で月〜土曜に行われている対面式初心者クラスの講師も務める。詳細はインスタグラムでチェック!

Downtown Yarns

45 Ave., A
TEL: 212-995-5991
Instagram: @downtownyarns
Web: downtownyarns.com/store.htm

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!