巻頭特集

コロナに負けず活動を続けるミュージシャン

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう! (取材・文/音成映舞)


街中で音色に酔いしれる
新しいライブのかたち

コロンバスサークルからブロードウェーを数ブロック上がると、どこからともなく音楽が聞こえてくる。建物の窓ガラスを挟み、屋内から演奏するミュージシャンと、外を歩く人々。スピーカーを通じて聞こえる音色と共に、そこは一風変わったライブ会場となっていた。

これは、「Musical Storefronts」というライブイベントで、カウフマン・ミュージック・センター(KMC)とアルファダイン・ファウンデーションが協力し、パンデミックの中で演奏活動ができないアーティストたちに手を差し伸べた取り組みだ。

「私たちには協力してくれるたくさんのパートナーたちがいて、互いの関わりも深いんです。今回の会場スペースもビルオーナーの好意で貸してもらえたんです」と話すのは、KMCエグゼクティブ・ディレクターのケイト・シーランさん。

企画を最初に立ち上げたのはケイトさんかと思いきや、「私の友人で協力財団のジェイ・ドゥウェックが発案者なんです」とのこと。「とてもすてきなアイデアだったので、実現に向けて彼に協力を依頼しました。コミュニティーも協力的であっという間にいろいろなことが進みました」

 

さまざまなジャンルの演奏を行う「Musical Storefronts」。詳しくは、ウェブサイト (kaufmanmusiccenter.org/mch/musical-storefronts-series)で

 

好評につき、
イベント延長の可能性も

開催中に印象的だった出来事を聞いてみると、「子供たちが音楽に合わせて楽しそうにダンスしていたのがとても印象深かったですね」と笑顔のケイトさん。

この企画は3月31日(水)までの予定だったが、延長の可能性も出ているそうだ。

「外は寒いですが、心を温かくしてくれるイベントですから…。ワクチン接種も始まり、春になれば暖かくなるので、外で違うかたちでもできるかもしれません。また、このスタイルをモデルにして、他の場所でも開催してもらえればうれしいですね」

どんな人も楽しめるように演奏家には、クラシック、ポップ、ジャズ、ブロードウェー音楽、民族音楽など、さまざまなジャンルのミュージシャンを取りそろえているという。会場の場所、スケジュールなどは、コロナ対策として大勢の人が集まることを避けるため非公開となっている。当日行ってみないと、どんなジャンルの音楽かも分からないというところもおもしろい。

取材日に演奏をしていた、ミッシェル・ロスさん(ヴァイオリン)とエイミー・ヤンさん(ピアノ)。観客を前に笑顔で演奏していた

 

音楽に引き寄せられた観客は、きちんとソーシャルディスタンスを保って静かに鑑賞。寒さも忘れるほどの美しい演奏に大きな拍手を送っていた

次ページからは、ニューヨーク在住の日本人ミュージシャンを紹介していく。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。