巻頭特集

ハマりすぎ注意!没頭できるデジタルゲームを楽しもう

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介(文/南あや)


ゲームの魅力ってなんだ?

「ゲームは子供のもの」「大人になっても遊ぶのはオタク」という概念は薄れつつある。特にアメリカではそれが顕著だ。全米エンターテインメント・ソフトウェア協会が昨年春に発表した統計によると、成人の65%が日常的にゲームを遊び、全世帯の4分の3に、少なくとも1人のゲーム愛好者がいる。

テトリスのようなシンプルなパズルゲームを、息抜きや暇つぶし程度に楽しむ人もいれば、自分の理想の世界や人間関係を、ゲームで追求する人もいる。物語の主人公になって「この先の展開はどうなるのか」「どうやって敵を倒すのか」と、手探りで進むことにワクワクする人もいるし、どれだけの敵を撃破できるかの技量をスポーツ感覚で競いたい人もいる。あるいは、友人と障害物競走やレースで争ったり、協力し合ったり。

一口に「ゲーム」といっても、そこに広がる世界は無数だ。そして経験を積んだ大人になったからこそ、何気ない物語の伏線や背景に敏感に反応できたり、ゆとりを持った心でトライ&エラーを繰り返せる。

発展していく遊び方

ゲームには種類がある。テレビと機器をつなぐ、あるいは持ち運べる専用機器で遊ぶのが「家庭用ゲーム」。今秋発売された機器「プレイステーション5」は非常に高画質・高性能なゲームが遊べることで話題になっている。ダウンロード専用のタイトル(作品)も多く、シンプルなゲームから何十時間もかけてじっくり遊び尽くすものまである。月額課金で無数のタイトルが遊び放題という、現代のライフスタイルに寄せたサービスも出てきた。

スマホやタブレットのアプリをダウンロードして遊ぶ「アプリゲーム」は、さらに手軽だ。「高額を課金し続けないと楽しめない」というイメージがあるかもしれないが、家庭用ゲームと同じ買い切り型や、無料のゲームもある。カメラ使用や画面の縦・横の切り替え、360度で展開されるAR(拡張現実)など、スマホにしかない機能を駆使した意欲作も多い。

また、パソコンのゲームサイトから購入して、キーボードとマウスで遊ぶ「PCゲーム」もあるが、普段ゲームをしない人にはハードルが高いだろう。ただしタイトルによっては、PC・家庭用・スマホの全ての機器で遊べるものもある。


今さら聞けない用語辞典

  • アドベンチャー

キャラクターを動かすことで、敵や障害物などを乗り越えながらゴールを目指すゲーム。「スーパーマリオ」シリーズがこの類。

  • RPG(Role Playing Game)

キャラクターを動かして、その役割で物語を進めていく(ロールプレイングする)ゲーム。「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」などの冒険ゲームのジャンルがこれ。

  • FPS(First Person Shooting)

一人称視点、つまりキャラクターの見えている視界がそのまま画面に映し出されるシューティングゲーム。「Call of Duty」などが該当。

  • オープンワールド

現実のように、見えている土地一帯、どこにでもキャラクターが自由に移動できるゲームのこと。場所ごとにシーンが切り替わるのではなく、広大な世界の中にいくつも目的地があり、プレイヤーは自由に立ち寄ることができる。

  • サンドボックス(箱庭)

いわゆる「ゲーム攻略」の手順が決まっておらず、プレイヤーが好きに世界を創造して遊べる、自由度の高いゲーム。代表作は「マインクラフト」。

  • シミュレーション

「こんな状況ならどう行動するか」「このキャラクターだったら何を選ぶか」など、プレイヤーの選択肢によって物語が変化するゲーム。

  • 脱出ゲーム(Escape Room)

ワンルームなどかなり限られた閉鎖空間から、パズルを解き進めて脱出することが目的のゲーム。最近は現実世界でも脱出ゲームが開催されている。

  • VR(Virtual Reality)

3D空間で、自分がそのゲームの中に入ったかのように視点操作やアクションができる。ゲーム内の景色は360度全て見渡せる他、歩いて対象物に近寄ったり、オブジェクトを直接掴んだりすることができる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。