〈バレンタイン企画〉気になるアノ店の限定チョコレート

バレンタインシーズンはチョコレート専門店が期間限定商品を販売。芳醇なカカオの香りとハートをモチーフにしたロマンチックかつクラシックなアプローチ、口の中でとろける甘いチョコレートのギフトは愛も絆もより一層深まる存在として欠かせないもの。パートナーへだけでなく、友人や家族へ、または自分へのご褒美にも最適なチョコレートを紹介。


産地やプロセスにこだわった 自然派チョコレート

ザ・メドウ

ポートランドの本社で製造している同店オリジナルのチョコレート。材料は全てオーガニックにこだわり自然な甘さでカカオの美味しさが感じられる

ソーホー地区にあるザ・メドウは産地や職人にこだわった手作り素材の塩やチョコレート、ビターズ&カクテルなどを扱うショップ。オーナーであるマーク・ビクターマンさんは、ライフワークである旅を20年以上続けたのち、世界各地で出会ったものを集めた食のセレクトショップを2006年にオレゴン州・ポートランドにオープン。同店はそのニューヨーク店として同地区に誕生。

マークさんは、塩ソムリエとしてレストランやシェフに塩の使い方をレクチャーしたり、メニュー開発などのコンサルティング業務も行い、フランス料理協会やル・コルドンブルーで講師も務めている。また、塩やチョコレート、カクテルなどに関する著書を多数もつ作家でもあり、2010年に出版した『Salted』が食のオスカーと言われる権威ある賞のジェームズ・ベアード賞を受賞している。

そんな同店を語る上で、チョコレートの存在も欠かせない。カカオ豆がチョコレートになるまでの工程を一つの工房で手掛ける「Bean to Bar」をコンセプトに、農家や職人、プロセスにこだわったチョコレートのみを扱っているのだ。ダークチョコレートや砂糖不使用のものが圧倒的に多くナチュラル嗜好のパートナーにぴったりのギフトだ。

ショコラ・ボナは1884年にフランスで創業。世界中で35の異なる農園と協力して高品質なチョコレートバーを製造。写真はボナ・ハイチ

砂糖不使用でデーツで甘味をつけたスプリング・アンド・マルベリーは、植物由来やグルテンフリーにもこだわっている。写真はミックスベリー味

手頃な一口サイズのチョコレートも並ぶ

生花の販売もしているので、チョコレートを合わせて花束のプレゼントもできて一石二鳥

The Meadow

240 Mulberry St.

TEL: 212-645-4633

themeadow.com


創業100年のニューヨーク生まれの老舗店

ライラック・チョコレート

大きなハート型のボックスに愛もチョコレートもぎっしりと敷き詰められたこの時期の人気チョコレート

昨年、創業100周年を迎えたマンハッタン最古のチョコレートブランドであるライラックチョコレートは、少量生産といえども120種類を超えるチョコレートを扱っている老舗店。バレンタイン限定商品の中には巨大なハート型のボックスに41個、63個、最大210個ものチョコレートの詰め合わせたものや、赤やピンクカラーをあしらったミニハートボックスなどが揃う。現在はマンハッタン区とブルックリン区に合わせて6店舗ある。

「バレンタインノンパレイユ」は赤やピンクカラーの砂糖がトッピングされた華やかなチョコレート

胸にハートをあしらったチョコレートベア。子供へのギフトにも喜ばれそう

可愛らしいボックスにメッセージがついた「ハートトーク」は3つのカラーが揃う

Li-Lac Chocolates

(グランド・セントラル・ターミナル店)

89 E. 42nd St.

TEL: 212-924-2280

li-lacchocolates.com


フランス生まれの高級チョコレートで大人のセンスをアップ

ラ・メゾン・デュ・ショコラ

シャンパン入りチョコレートは大人のギフトに

「ガナッシュの魔術師」と呼ばれたロベール・ランクスさんが1977年にパリで創業したショコラ専門店。高級なチョコレートをはじめ、マカロンや焼き菓、ソルベなども人気がある。甘さを控えて、砂糖と生クリームの過度な使用のない洗練された大人の品格を持たせることで、純粋かつ気品あるチョコレートの姿を実現。定番人気のガナッシュやプラリネ、トリュフの詰め合わせは、グルメが集まるホームパーティーの手土産にもぴったり。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。