巻頭特集

美味しいケーキをNYでも食べたい!クリスマスケーキ特集

街がクリスマスイルミネーションで彩られ、ホリデーシーズンを実感するこの頃。本号ではニューヨークで美味しく食べられるクリスマスケーキにフォーカス。日本人ならクリスマスの食卓にケーキは欠かせないはず! ( 取材・文 /菅 礼子)


パティシエに聞く!旬のクリスマスケキ&スイツは?

クリスマスケーキの特徴は?

元々米国ではクリスマスケーキを食べる習慣があまりないんです。ユダヤ系はクリスマスを祝わないですし、クリスマスにケーキを食べるのはフランス系か日本人が多いです。米国ではクリスマスにクッキーやドライフルーツケーキを食べたり、イタリア系はパネトーネなど、その国によって食べるケーキも異なります。フランス系はブッシュドノエル、日本人はクリスマスにショートケーキを食べますが、米国はサンクスギビングのパイやバレンタイン、母の日にケーキを食べる習慣があります。

─近年のトレンドは?

ケーキもSNS映えするものがトレンドになっています。あとはカップルでも食べられるような小さいケーキ、2〜3人で分けられるサイズのものも人気です。日本人はクリスマスに苺のショートケーキを食べるのが定番ですが、最近では日本の美味しいフルーツが世界で認められてきたので、米国でも日本のフレッシュなフルーツを使ったケーキが食べられる機会も少しずつ増えてきました。もっともっと日本の苺のショートケーキをニューヨークでも広めていきたいです。また、フレンチペイストリーシェフの間では甘さを控えめにしたスイーツがトレンドですが、米国では甘いものが好まれるので、このトレンドは米国ではあまり感じないかもしれません。

─どんなクリスマスケキを買えばいいですか?

クリスマス時期は田舎に帰ったり旅行に行く方も多いので、ピックアップを21日にしたいという要望も多く、すぐにケーキを食べない場合はフレッシュフルーツのケーキはオススメしません。ピックアップしてから2〜3日後に食べる場合はドライフルーツのパウンドケーキやチョコレートケーキ、焼いたチーズケーキをオススメしています。これらは少し置いた方が味が馴染んで美味しいんです。

今年発売の「モモヤ・ソーホー」のクリスマスケーキ

─お気に入りのケキ屋は?

「メゾン・ド・ショコラ」のブッシュドノエルは美味しいです。クリスマスケーキが年によってあるお店とないお店がありますが、「アンジェリーナ」のモンブラン、「ラデュレ」のケーキ、その場で挟んでくれる「スイート・リハブ」のミルフィーユ、「カフェ・サバスキー」のザッハトルテは好きです。

─植松さんが作るスイーツの特徴は?

フレンチペイストリーの技術を使いながら素材や文化、手法などで日本の要素を入れていきます。日本の要素はストレートに出し過ぎず、米国人が好むテイストを解釈してスイーツに落とし込みます。「モモヤ・ソーホー」ではパフェを提供しているのですが、昨年の冬は「鶴の恩返し」、春は「お花見」、夏は「夏祭り」、秋は「紅葉」をテーマにしました。なぜパフェかというと、米国人の方はお寿司を食べた後にリフレッシュのためにアイスを食べたくなるようなんです。なのでソルベなども入れて爽やかなテイストに仕上げ、繊細なデコレーションで日本らしさを演出しています。

芸術的な見た目の季節のパフェ(28ドル)

 

<お話を聞いた人>

植松のりえさん

モモヤ・ソーホー パティシエ

料理専門学校を卒業後、静岡の東急ホテルでペイストリーシェフとしてキャリアをスタート。2004年にニューヨークへ渡米。「メゾンカイザー」「茶庵」でパティシエとして活躍し、現職に至る。

Instagram: @norie_uematsu

 

 

 

 

 

 

Momoya Soho

47 Prince St./TEL: 646-429-9315

momoyanyc.com/soho.html

来春には「モモヤ」のお寿司とスイーツに特化したお持ち帰り専門店「ハッピーツナ」がミッドタウン地区にオープン予定。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。