巻頭特集

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

ニューヨークスタイルの珠玉のバーバー3店

男性の身だしなみを整えるだけでなく、ライフスタイルにも気遣い、日常使いのプロダクトにもこだわる、それがニューヨークのバーバー。至極の時間を与えてくれるワンランク上のバーバー3店を紹介。


ザ・バーバー

日本仕込みの技術とセンスが光る高級理髪店

 

ウィンドーにディスプレイされたアンティークの甲冑が印象的なザ・バーバーは、「究極の理容室」をコンセプトに優れたカット技術とシェービング技術、徹底したマッサージ技術など、お客様に高いリラクゼーションを提供するバーバーだ。日本では銀座や日本橋、青山、広尾などに店舗があり、2018年にニューヨーク店をオープン。今回は店長の青田さんに話を伺った。

 

─高級感漂う店内ですね。

木目調のインテリアで統一し、半個室のような作りになっています。各席にシャンプー台を備え付けているので、お客様は一度座ると移動する手間がありません。リラックスして最後まで同じ椅子で施術を受けることができます。

─オープンされて5年になりますが、以前に比べ何か変化はありますか。

今が一番忙しいです。オープンした当初は認知してもらうために必死でした。その後、パンデミックになり大変な時期を経験しました。現在はお客様も戻り、新規のお客様も増えました。弊店だけでなく、ここ1〜2年で清潔感とクオリティーの高いサービスを求める人が増えたように思います。

─日本仕込みの理髪が欧米のスタイルとどのようにマッチしましたか?

多様な人種はもちろん、髪質も好みもさまざまですし、表現する単語の種類も色々あり、初めは戸惑いもありましたが、しっかりコミュニケーションを取ることでお客様との間に信頼関係が生まれ、今ではお客様の8割が非日本人です。

─どのようなお客様が多いですか。

ヘア、髭ともに一定の短さや形をキープしつつも、少し印象を変えたい、冒険したいと望まれる方もいますし、週1回という頻度の方もいれば、大事な商談の前には必ずという方もいます。立地的にもファッションやアート関係の方や、金融街も近いのでビジネスマンのお客様にもよくいらしていただいています。

 

店長の青田充さんは東京の店舗で経験を積み、ニューヨーク店立ち上げを機に拠点を移す

 

THE BARBER

68 Thompson St. / TEL: 212-966-8777

thebarber-ny.com

〈メニュー〉

スタンダード………. 210ドル

グルーミング………. 168ドル

 


ブラインド・バーバー

バーバーの中にバーが出現!?イーストビレッジ地区発の人気店

2010年にイーストビレッジ地区に誕生したブラインド・バーバーは、バーバーとバーラウンジが併設された店で、1920年代の「もぐり酒場」をモダンにアレンジしたバー空間と、そこから隠れた場所にあるバーバーを意味し、店のネーミングが生まれたそうだ。同店での全てのサービスにはドリンク1杯がつき、カットやシェービング後にコーヒーやお酒を楽しむことができる。マンハッタン区に2店舗、他にロサンゼルス、シカゴ、フィラデルフィアにも展開している。オリジナルのヘアケア、グルーミンググッズラインは美容業界から注目されており、高品質な植物とビールやアルコール飲料の香り付けで知られる有機認定ホップをブレンドし、皮膚に優しく髪がまとまりやすい成分を配合。ブティックホテル「アロー・ソーホー」では、同バーバーのプロダクトがアメニティーとして取り入れられておりまさにニューヨークを代表するヒップなバーバーだ。

 

Blind Barber

339 E. 10th St. / TEL: 212-228-2123

blindbarber.com

〈メニュー〉

ヘアカット……….55ドル

ト リム……………..30ドル

 


ハール・アンド・コー

多数メディアやネットフリックスにも登場 感度の高い紳士の集いの場

クイーンズ区で生まれ育ったオーナーのマイケルさんは、ロンドンとイタリアで理髪の修行を積み、2017年にグリニッチビレッジ地区にハール・アンド・コーを創業した。有名建築家が手がけたというアールデコと21世紀が融合したような店内のインテリアは、都会的で洗練された空間を演出している。特別な時間を過ごせると、多くのセレブリティーも顧客に抱えているという。イタリア大手のシェービングブランド「ポロラーソ」と提携したプロダクトの開発や、最近ではネットフリックスにも登場して話題になり予約困難なバーバーとも言われている。10代の頃は音楽家としても活躍していたマイケルさんが店内で流す音楽のセンスも評判があり、音楽アプリのスポティファイでは、選曲したオリジナルアルバムが聴ける。

Haar & Co. Barbershop

45 Christopher St. / TEL: 212-204-8617

haarandco.com

〈メニュー〉

ヘアカット…………..65ドル

グルーミング………..45ドル

 


子供だって素敵に変身したい! キッズ・ヘアサロン

キッドビル

誕生日パーティーやイベントなど開催できる子供用屋内施設のキッドビル内に併設されているキッズヘアサロン。ヘアカットが苦手な子供でも楽しみながら施術ができるとママたちの間で定評がある。マンハッタン区内に2カ所ある。

Kidville(アッパーウエストサイド店)

205 W. 88th St. / TEL: 212-362-7792

kidville.com

 


スィッツ・スティル

大人のヘアサロンと見間違えてしまうほどスタイリッシュな店構えのスィッツ・スティル。大人顔負けのリクエストに応えるべくパーマやカラーリングなども行っている。仕上げにラメパウダーを髪に振りかけるサービスは子供たちに大人気。ロングアイランドシティー地区とグリーンポイント地区に各1店舗ある。

Sit stil(l グリーンポイント店)

574 Manhattan Ave. Brooklyn NY 11222 / TEL: 518-519-3414

sitstillkids.com

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。