巻頭特集

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

信頼できるプロにお任せ!

独特のカット技術やこだわりのプロダクトを使用するサロンなど5店紹介


トモコ シマ・ヘアサロン

オーガニックやナチュラルなプロダクトで上質なヘアケアを

オーガニックでナチュラルなプロダクトを使用し、その人の髪と頭皮に合ったケアのアドバイスに定評があるトモコシマ・ヘアサロン。オーナー兼スタイリストのトモコさんは、髪本来の美しさを導き出すヘッドスパのスペシャリストでもある。日本仕込みのヘッドスパ技術と上質なヘアケアで極上のリフレッシュ時間を堪能してみては。ダウンタウン地区とアップタウン地区に2店舗構える。

Tomoko Shima Hairsalon

・ダウンタウン店

235 W. 14th St./TEL: 646-438-9277

・アップタウン店

171 E. 92nd St./TEL: 212-722-8828

tomokoshima.com

〈メニュー〉

ステップボーンカット…………….. 175ドル

head spa with conditioning treatment (60分)……………130ドル〜

Vegan smoothing……………380ドル〜

 


チイ・ヘア NYC

生まれ持ったカールを素敵に活かそう!

ヘアサロンが星の数ほどあるニューヨークでも珍しい、カーリーカット専門の美容師・チイさんが営むチイ・ヘアNYC。今までアイロンで癖毛をストレートにスタイリングしていたが、本当は生まれ持った癖を活かしたカーリースタイリングに挑戦したいという方におすすめ。髪質にあったスタイリング剤の提案から付けるタイミング、付け方まで伝授してくれる。チイさんのおすすめは、植物由来100%の肌と環境にやさしいミネラルクレイを使用したスカルプデトックス。頭皮の汚れを優しく取り除き、簡単にカールを美しく活かせるようになるそうだ。

Chi Hair NYC

119 W. 23rd St. Suite #1005

chihairnyc.com

〈メニュー〉

カーリーカット……………………120ドル

カーリーカット+

スカルプデトックス……………..180ドル

 


HKS ヒミツキチ・サロン

ヒミツキチのような、みんなにとって秘密に出来ない“溜まり場”がコンセプト

タイムズスクエアに店舗を構えるヘアサロン・ヒミツキチのコンセプトはその名の通り「秘密基地」のような創造性や好奇心。トレンドをミックスしながらその人が一番美しく見えるスタイルを作り上げるのが特徴だ。アジア最大級のコンテストでの受賞歴も多数あるオーナーの田中さんを始めスタッフは皆日系人。ジャパニーズクオリティーの丁寧な接客はもちろん、日本で培った技術と米国で学んだ発想力から作り出されるスタイルは人種を問わず多くの客を魅了している。同サロンの隣に2号店「Tonari(となり)」が今秋オープン予定。

HKS HimitsuKichi Salon

144 W. 46th St. #3F / TEL: 646-590-7513

himitsukichisalon.com

〈メニュー〉

カット…………………….80〜100ドル

デザインカラー……………300ドル〜

(ハイライトやインナーカラーなど)

髪質改善トリートメント….150ドル〜

 


クニヤ・ヘア

おしゃれな空間で新しい最高の自分に

一人一人の骨格や髪質に合わせたオーダーメイドスタイルを提供するクニヤ・ヘアはミッドタウンイースト地区に店を構える。美容師一家で育ったというオーナーのマサさんは、日本とオーストラリアで経験を積み、2014年に渡米。ダメージを最小限に抑えたブリーチやパーマの施術にも定評があり、日系人だけでなく多様な人種の髪質にも精通し、ハイライトやパーマの技術もトップレベル。マサさんこだわりの店内はアンティーク調の落ち着いた雰囲気がお洒落。

KUNIYA HAIR

1005 2nd Ave. 2nd floor / TEL: 347-861-2218

kuniyahair.wixsite.com/kuniyahair-1

〈メニュー〉

Owner Masa Cut………….. 168ドル

Regular Stylist Cut…………..88ドル

 


QBハウス

速さと確かな技術、そしてリーズナブルな価格帯が魅力のヘアカット専門店

日本全国で575店舗(2023年6月末時点)、シンガポールや香港、台湾などにも店舗を拡大し、今やグローバルブランドとしても知られるQBハウス。2017年にニューヨークへ進出し、現在市内に5店舗を展開。近い将来、北米へ更なる拡大を予定している。そんな勢いの止まらないQBハウスニューヨーク代表・古谷さんに最近の顧客の傾向や特徴などの話を聞いた。

─最近はどのようなお客様が多いですか? 

コロナ渦では圧倒的に衛生面ついての徹底が求められていましたが、最近はニューヨークも以前のような忙しさが戻り、本来弊社が強みとしている「上手くて速い」を期待される方が多いと感じます。価格については、コロナ後に高インフレが続き、弊社も何度か価格改定を余儀なくされたことにより進出時の価格から大分変ってしまいましたが、それでも男女問わず均一料金の設定ですのでお客様には依然として「リーズナブル」であると感じて頂いていると思います。

─これまで男性専門のイメージがありましたが、お客様の層は幅広いようですね。

若い方からお年寄りまで幅広いです。女性も多く夏場は毛量調節でトリムされる方もいたり、ばっさりと切り、スタイルチェンジされる方もいます。また店作りにおいても、女性が入りやすいような雰囲気を心掛けています。ファミリー層も多く、特に土日はお子様連れのお客様も多く来られます。これから学校が始まる前は特に多くなります。

─基本的にウォークインというスタイルですね。

はい、そうです。店舗によっては予約を取ることも可能です。弊社のウェブサイトから美容師のシフトを見ることができますので、どなたでもどこの店舗に、いつ、どの美容師がいるか確認することができます。日本人の美容師も多数在籍していますので、いらっしゃる際は是非ご活用していただきたいです。

QB House(ミッドタウン店)

151 E. 43rd St.

qbhouseusa.com

マンハッタン内に他4店舗あり

〈メニュー〉

ヘアカット……………………. 30ドル

前髪カット……………………. 15ドル

バズカット(バリカンのみ)… 25ドル

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。