クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.11>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


グランドセントラル駅の構内はレキシントンアベニューへ抜けるグレイバー通路にひっそりと佇むクラフトビール専門店の「ビア・テーブル」。

2011年に創業して以来、ビールにこだわりをもつ客から愛され続けている。客の大半がメトロノース鉄道を利用しているそうで、夕方になるとビールを買い求めて家路へを急ぐ客で賑わう。

元々はブルックリン区で同名でビール専門のバーを経営していたというオーナーのジャスティンさん。ビールの輸入業をしていた頃に世界中のビールと出会い、そこで培った知識を活かしこの世界へ。

 

 

店内の戸棚には熟成ビールやレアで値段が高めのもの、サイダーなどのボトル類を始め、地元で人気のクラフトビールや欧州のクラシックな銘柄の缶ビールなどが揃う。

 

ボトルセクションには熟成ビールや特殊製法のもの、缶は日替わり、週替わりで厳選されたクラフトビールが店頭に並ぶ

 

ドイツの老舗ブルワリー、プランク醸造所や、ライスドルフ醸造所のビールなども揃う

 

ボトル左はりんごとマルメロという果物のサイダー。ボトル右はトランスミッター・ブルワリーのベルギースタイルのダブルエール

 

入荷したビールはスタッフが定期的に試飲し品質をチェック。

同店のライセンス上、食品や日用品の販売も必須になるため、店内にはスナック類や乾燥パスタ、調味料、包み紙がオシャレなトイレットペーパーなどもありグロッサリー店の要素も兼ね備えている。

コンパクトな空間の中にもキャッチーな雰囲気が漂い、センスの良さが光る。同駅構内の42丁目側にあるコーヒースタンドの「コーヒー・テーブル」は姉妹店でビールの販売もしている。

朝はコーヒーと甘いペイストリーを購入する通勤客が訪れ、夕方はビールを買い求める客が立ち寄るという。

 

同駅構内にある姉妹店「コーヒーテーブル」でもこだわりビールを販売


オーナーのジャスティンさんは、日本のクラフトビールにも精通しているという

Beer Table

87 E. 42nd St.

TEL: 212-922-0008

grandcentralterminal.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。