巻頭特集

開幕直前!USオープンテニスを10倍楽しむ方法

<注目の日本人選手> *7/31/2023時点

西岡良仁 Yoshihito Nishioka

(27歳、世界ランキング31位*)

<出身地>三重県津市

<プロ転向年>2014年

<身長>170 cm

<体重>64 kg

<利き手>左

<バックハンド>両手打ち

<所属>ミキハウス

<公式ウェブサイト>yoshihito-nishioka.com

 

 

 

4歳でテニスを始める。小学生の頃からジュニア大会などさまざまな国内大会で優勝。2014年、18歳でプロに転向。同年、USオープンに初出場。17年を除く8大会に出場。ATPツアーシングルスで2勝、23年6月19日に自己最高となるATPシングルス世界ランキング24位を獲得。身長のハンデを感じさせないスピードとテクニック、相手の弱点や強みを見極める深い洞察力で現在、日本人のナンバーワン選手に。

 


錦織圭 Kei Nishikori

(33歳、世界ランキング353位*)

<出身地>島根県松江市

<プロ転向年>2007年

<身長>178 cm

<体重>73 kg

<利き手>右

<バックハンド>両手打ち

<所属>ユニクロ

<公式ウェブサイト>imgjapan.com/athlete/keinishikori

 

 

 

 

 

5歳でテニスを始める。2007年、17歳でプロに転向。USオープンは08年に初出場。14年大会の準決勝で世界ランキング1位のジョコビッチを下し、日本人初(シングルス)、アジア出身の男子選手初のグランドスラム決勝進出を果たす。15年には自己最高となるATPシングルス世界ランキング4位を獲得。速いストローク力と巧みなボレーやボールタッチ、決定セットのプレッシャーに強い(粘り強い)のが特長。

 


関連試合も熱いぞ! 車いす部門

9月6日(水)〜10日(日)開催。今年は成年男子、女子、4種競技の3部門全てに、シングルス16人、ダブルス8チームが出場。

<期待の選手>

小田凱人 Tokito Oda

(17歳、東海理科)

 今年6月、史上最年少での世界ランキング1位が確定。7月、ウィンブルドンで初優勝し、全仏に続いてグランドスラムを2大会連続で制覇。9歳で骨肉腫を患う。「王者」国枝慎吾さんの試合を見たことをきっかけに10歳で車いすテニスを始める。15歳でプロ転向。パリの凱旋門が名前の由来。

 

三木拓也 Takuya Miki

(34歳、トヨタ自動車)

 自己最高となる世界ランキングは5位(2023年1月)。22年のUSオープン・シングルス部門で4位。高校時代から公式テニスの選手として活躍。高校3年生の時、膝関節に骨肉腫を患う。国枝慎吾さんに触発されて車いすテニスを始める。

 

上地結衣 Yui Kamiji

(29歳、三井住友銀行)

 2014年の全豪(ダブルス部門)、全仏、USオープンで優勝。同年5月に世界ランキング1位を記録。17年には、全豪、全仏、USオープンで優勝。23年は全仏オープン・シングルス部門で準優勝、ウインブルドン・ダブルス部門で準優勝。23年7月時点での世界ランキングは1位。先天性の潜在性二分脊椎症で成長とともに歩行が困難に。11歳で車いすテニスを始め、14歳で史上最年少の日本ランキング1位となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。