クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.8>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


各地で暑さが猛威をふるう今年の夏。そんな暑さを吹き飛ばすには大人の避暑地ともいえるビアガーデンでクラフトビールを楽しむのが一番。今回は、金融街の中心にある広大なビアガーデンを紹介。

ワールド・トレード・センターの一角に佇む今やニューヨークの新名所であるオキュラスに隣接された「オキュラス・ビアガーデン」は、色鮮やかなグラフィティアートが施された外壁が目印。缶ビールが中心となるが、しっかりと冷えた国内外のビールを中心に、地元のクラフトビールが揃う。

トーチ・アンド・クラウンの夏限定のサワーエール「ビーチボール」はすっきりとした喉越し

ロングアイランドのサウスシュアにある醸造所ブルーポイントの夏限定ビールも人気

特にこの時期は夏限定ビールが多数ラインナップしている。他にはフィンガーレイクスにあるワイナリー「Boundary Breaks Wine」から厳選されたワインや、フルーティーなカクテルなどもあり、熱った身体を心地よくクールダウンしてくれること間違いなし。フードメニューには、ビールに欠かせないドイツ料理の肉厚ソーセージ、ブラートブルストや、ジャンボサイズのプレッツェル、特製ホットドックなどがあり、しっかりお腹を満たすこともできる。

カリカリのプレッツェルは塩加減が絶妙で美味しい

使用しているソーセージは、アッパーイーストサイドにある1937年創業の老舗豚肉店「シャーラー・アンド・ウェーバー」のものだ。これをお目当てに訪れる客も多いんだとか。昼間は観光客や買い物客が多く見られるが、夕方になると日本と同じように仕事帰りのビジネスマンの憩いの場にもなっている。

オリジナルのフローズンレモネード


 

夏は地元バンドによる生演奏も開催される。ビールとともに音楽にも酔いしれてみては。

Oculus Beer Garden

33 Vesey St.

officialworldtradecenter.com/beergarden

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。