巻頭特集

ニューヨーク生活の必需リスト!暮らしのトラブル対策あれこれ

知ってると心強い!

暮らしのトラブル対策あれこれ

ニューヨーク市の制度を基準に紹介!

ニューヨーク市の苦情申し立て専用サービス=NYC311portal.311.nyc.gov)です。

 

水漏れ  – Water Leaking –

基本的に住宅で発生した被害は、管理人やオーナーに報告して修理してもらうことになる。どうしても改善が見られない場合には、市に苦情を申し出よう。

 

暖房設備  – Heat / Hot water –

建物によって暖房の効きはまちまちだが、ニューヨーク市は居住物件のオーナーに対し、10月1日〜5月31日の間、住民に暖房および温水を提供することを義務付けている。午前6時〜午後10時で室外気温がカ氏55度以下の場合、室内気温は68度以上に保たれていなければならない。午後10時〜午前6時の間は、室外気温にかかわらず62度以上に維持する必要がある。上記ルールに違反が見られた場合は、オーナーや管理人に苦情を申し出て、改善を図りたい。

なおこれは編集部の個人的な体験談だが、もし故障などによりオーナーが暖房・温水の提供を中断し、なかなか改善しようとしない場合は、市の「311」に苦情を申し出ると有効だ。オーナーは市から一定回数以上の「警告」を受けると、市から目を付けられてしまうらしいので、回避しようと比較的迅速にレスポンスをくれるようだ。

 

騒音  – Noise –

ニューヨーク市内では、午後10時〜午前7時は近隣に響く音を出すとルール違反。パーティーはもちろん、楽器の演奏音、テレビ音量、会話のボリュームにも注意しよう。もし近隣住民の騒音を訴えるのであれば、「311」にて報告できる。緊急事態でない限り、NYPDが8時間以内に応答する仕組みになっている。もし穏便に収めたいのであれば直接苦情を言いに行くか、管理人あるいはオーナーに相談してもいいかもしれない。

 ちなみに住宅工事は、平日だと午前7時〜午後6時、週末は午前10時〜午後4時にのみ許可されている(時間帯は工事の場所や種類によっても異なる)。上記以外の時間に大きな音を立てて作業していたら、市に相談してみよう。

 

悪臭  – Odor –

近隣住民の体臭や料理の匂いなどには、残念ながら苦情を申し立てることはできないが、例えば飲食店やネイルサロン、リペアショップから発せられる悪臭・異臭は申し立て可能。発生時刻や曜日、匂いの種類などを覚えておこう。もしガスのような匂いがしたら、迷わず911へ通報!

 

ネズミ  – Mouse / Rat –

とりわけニューヨークでは頻繁に目撃する、野生のネズミ。小さいものはマウス、大きいものはラットと呼び分ける。たとえ自宅をきれいに保っていても、屋外や隣家から侵入されることがあるので困った存在だ。

 アパートなどの集合住宅で出没した場合、駆除業者(Exterminator)を呼んで薬を散布してもらう必要がある。近隣住民への被害を抑えるためにも、見かけたらしっかり駆除対策を講じておこう。ネズミ取り(trap)を仕掛けるという手段もあるが、その場合は自分で死骸を処理する必要があるので注意。

 また、本当に効果があるかは定かではないが、「ネズミの寄り付かない周波数の音」を鳴らすスマホアプリもある。編集部が以前ネズミと対峙した際は、アプリを起動してからネズミの姿は見なくなった。

 

ベッドバグ  – Bed Bug –

日本語ではトコジラミ。刺されるとかゆみを伴うアレルギー反応が出るのだが、この害虫の恐ろしいところは、建物内の1カ所で発生すると瞬く間に繁殖してしまうところだ。大都市ニューヨークは全米屈指のベッドバグ発生地でもある。

 マットレス以外に、ソファーや壁紙の隙間、棚や引き出しにも生息する。もし赤みのあるシミや、1ミリ以下の黄色い卵のカラ、あるいは赤くて透明感のある成虫を発見したら、迷わずオーナーや管理人、あるいはニューヨーク市に通報を。コンドミニアムやコープに住んでいる場合は、市ではなくオーナーや管理人、ボードにまず申し立てる。

 ベッドバグが認められた場合、住宅保全開発局(Department of Housing Preservation and Development)が駆除に当たる。そして被害が認められたら、建物のオーナーに違反チケットが切られる。

 なお住宅物件では、過去のベッドバグ被害の記録を開示することが義務付けられているので、入居時に確認するのも手だ。

 

  ペット  – Pet –

イヌを飼う場合、自治体に届け出てライセンスを取得しなければならない。ニューヨーク州では生後4カ月以上のイヌに申請が必要。ニューヨーク市では1回の申請で最長5年間有効で、申請料は8.5ドル〜(nyc.gov/site/doh/services/dog-licenses.page)。ニュージャージー州内の申請義務は生後7カ月以上で、申請料は地域によって異なる。なおネコにライセンスは必要ない。またフェレットなどの一部動物は、ニューヨーク市内で飼育することができないので注意。

 

<おまけ> 賃貸保険には入ってる?
Renters Insurance

前ページで登場した木城さんが、「意外と知らない人が多い」と指摘するのが、賃貸保険。私物に対する補償や、自宅で他者がけがした場合の損害賠償、一時退去が必要になった際の宿泊費補償などが含まれる。年間150ドル前後が相場。大手サービスでは、「Lemonade」(lemonade.com)などがある。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。