巻頭特集

オールバニのこと、知ってる?

ニューヨーク州東部にある人口約9・7万人の街オールバニは、ニューヨークの州都! 行ったことのある人はあまり多くないのでは? 今号では、編集部が実際にオールバニを歩いて見つけた街の魅力を紹介する。(取材・文/上村穂)


州都、オールバニ

コロナ禍での対応で世界的に注目を浴びたアンドリュー・クオモ州知事も暮らしているオールバニ。

ニューヨーク州東部、ハドソンバレーの豊かな自然の中にあるこの街の歴史は、後にハドソン川の名前の由来となる、オランダ東インド会社のイギリス人探検家ヘンリー・ハドソンが、1609年に船で到達したことから始まる。オランダと原住民との毛皮の交易拠点として栄え、1664年、イギリス領となったことをきっかけに、現在の「オールバニ」という地名になった。

オールバニがニューヨーク州の州都に制定されたのは、1797年。アメリカ大陸の開拓時代から独立戦争を経て、今日まで約400年以上、歴史を刻んできた街だ。

市内からのアクセス

ニューヨーク市内からオールバニへは、公共交通機関ならバスまたはアムトラックが利用可能。バスは、グレイハウンド社とメガバス社が、毎日数時間おきに運航している。両社とも片道約2時間50分。

取材時はポート・オーソリティー・バスターミナルからグレイハウンドを利用して向かった。車内座席は清掃除菌されているようだが、座席数が削減されているわけではないので、混雑して乗客が密集する車内に不安がある場合には、車やアムトラックを利用する方がいいかもしれない。

次ページからは、編集部が街を歩いて発見した、オールバニの魅力を満喫できるスポットを紹介する。

 

 

アンドリュー・クオモ州知事。コロナ禍で111日間連続して行われた記者会見は、世界中から注目を集めた

 


歴史的な建物を巡ろう

Schuyler Mansion State Historic Site

18世紀に建てられた、スカイラー家の邸宅。ブロードウェー・ミュージカルの大人気作品「ハミルトン」で話題の人となったアレクサンダー・ハミルトンは、ここで、妻のエリザベス・スカイラーと結婚式を挙げた。

 

32 Catherine St., Albany, NY 12202
parks.ny.gov/historic-sites/33/details.aspx


New York State Capitol

ダウンタウンの丘の上に立つ州会議事堂は、1899年の完成を迎えるまで、なんと建設に32年もかかったという。街を代表する建物だ。館内ツアーは現在、一時中止している。

 

 

on Washington Ave. (at State St.), Albany, NY 12224
empirestateplaza.ny.gov


The New York State Executive Mansion

1856年建造のニューヨーク州知事公邸。75年から現在まで、歴代ニューヨーク州知事が在任中、ここで暮らしてきた。現在は公開が一時中止されているが、季節限定でツアーも開催されている。

 

 

138 Eagle St., Albany, NY 12202
governor.ny.gov/explore-governors-mansion

固定ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。