巻頭特集

ニューヨーカーの 通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースの イメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)


マンハッタンポーテージに直撃!
今ドキのニューヨーカーに人気のバッグって?

1983年創業のマンハッタンポーテージは、ニューヨークを代表するバッグブランドとして知られ、今もなお幅広い層から支持を集めている。利用者の職種やライフスタイルは多岐にわたるが、通勤に人気のバッグについて、担当者に話を聞いた。

__ビジネスバッグとして人気のタイプは?

シンプルな『ブラックレーベル』は大人に人気です。マンハッタンポーテージといえば赤いロゴが象徴的なのですが、『ブラックレーベル』はその名の通りロゴが黒く落ち着いていて、ビジネスのシーンにも向いているのではないでしょうか。ポケットの数が多く機能性が充実していて、ビジネス向きだと思います。

ニューヨークではシティバイクがはやりだした5、6年ほど前から、自転車通勤をする人がさらに増え、メッセンジャーバッグはもちろん、バックパックもビジネス用として人気です。素材も丈夫で長く使っていただけるので、学生の時に買ったバッグを買い替えるために、20年ぶりに来店くださるお客さまもいるほど。

__最近トレンドのデザインはどんなもの?

ウエストバッグなどの小さいデザインは引き続き人気。パソコンも小さくなり、スマホでメールチェックという人も多いので、ビジネス用には小さなバッグを選ばれるお客さまもいらっしゃいます。反面、ジムに行く際に持ち物全部が入る、大きいバッグもをお探しの人も少なくありません。

またニューヨークらしいなと思うのが、脱プラスチックや環境保護など、社会問題がバッグ選びにも影響を及ぼすようになってきている点ですね。

__バッグを選ぶ際のアドバイスを教えてください。

ビジネスシーンは自由度が限られるかもしれませんが、自分ではミスマッチだと敬遠している、または普段トライしないようなデザインも選んでみてほしいです。バッグもファッションの一部。持っていてウキウキするものがいいと思います。

男性のブランドと思われがちですが、職場でフェミニンなワンピースを着た女性が、オリーブ色のメッセンジャーで「外す」スタイルをしているのを見た時、本当にカッコいいなと思いましたから。いろいろ挑戦してみてほしいですね。

 

人気のモデルをチェック

売れ筋の「Prospect Backpack Ver.2」($175)は、人気のロールトップモデル。シックな黒は通勤に使えそう

 

「Delancey Shoulder Bag」($115)は旅行にも最適だ。最低限のものを収納できる万能バッグ

 

 

Manhattan Portage/ Token Store

258 Elizabeth St.
(bet. Prince & Houston Sts.)
TEL: 212-226-9655
manhattanportage.com

まだある! 注目のバッグブランド

出張の多いビジネスマンからの支持も厚い、ラゲージブランド。 手の届きやすい価格帯はミレニアル世代からも人気だ。

 

Away

10 Bond St.
TEL: 646-649-3191
awaytravel.com

老舗ビジネスバッグブランドの人気は今も健在。耐久性の高いナイロンに加え、信頼の持てる堅実なデザインも支持を得ている。

Tumi

102 Prince St.
TEL: 646-613-9101
tumi.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。