巻頭特集

ニューヨーカーの 通勤バッグの中身


体にフィットするノーブランド

グレン・エドワードさん
ニュージャージー出身/30代/フィンテック勤務


ミッドタウンのフィンテック(金融テクノロジー企業)で働くグレンさんのバッグは、ショルダータイプ。

ノーブランドのものでヴィンテージ感のある風合いがお気に入り。これ見よがしにブランド名が分かるものではなく、シンプルなものがベターだという。柔らかなレザーは体にフィットするので持ち運びに負担にならず、コンパクトながらラップトップも持ち歩ける容量の良さも魅力的だ。

グレンさんが常に持ち歩いている、バッグの中の三種の神器は、愛妻弁当、イヤホン、今治(いまばり)のハンドタオル。

バッグを選ぶ際は、機能性に優れ、適度なサイズながら必要なものが最低限入るものをチョイスしている。休日はバッグを持たない派。

 



軽快な「バッグなし」派も急増中

 

東凛太郎さん
在米歴10年/20代/在投資銀行勤務

 

ミッドタウンの投資銀行に勤務する東さんは、通勤バッグを持たない派! これも立派な現代の通勤スタイルといえよう。今回の取材でも、通勤バッグを持たない派が以前に比べ増えているのが顕著だった。

デジタル化が進むことで持ち物が最低限になっていることから、東さんも携帯電話2台とイヤホン、マネークリップのみをポケットに入れて会社へ、というスタイル。

休日も、両手が自由になる「ルイ・ヴィトン」のボディーバッグで、軽快感を演出。ブラックレザーにエンボスされたモノグラムは、控えめながらラグジュアリーな雰囲気。基本的にシンプルな色のバッグで、機能性を重視して選んでいるというが、上質な素材感のものが好みだという。

 

 

 



トートも選べばビジネス向きに!

 

西村悠佑さん
在米歴1年/30代/KPFデザイナー

 

ロンドン生活が長かった西村さんは、端正にスーツを着こなす建築デザイナーだ。出勤はタイを締めて、スーツやジャケットでビシッとキメることが多い。

普段から通勤時は荷物が少ないとのことで、薄い生地の自社トートバッグを愛用している。携帯や財布に加え、仕事で使うiPadが入るサイズならば十分なのだとか。

トートバッグと聞くとチープに感じる人もいるかもしれないが、KPF社の社名が入った黒のトートバッグは、ビジネスシーンにおいても、カジュアル感が出過ぎないところが、西村さんのお気に入りポイント。

またバッグの内側に小さなポケットが付いていて、携帯などを収納しやすく、使い勝手も良いそうだ。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。