サブウェイウォ―カー

サブウェイウォーカー 125 St 駅

この駅の周辺はどんな雰囲気なの? 何があるの?編集スタッフが歩いてリアルな情報をお届け


アッパーウエスト編

125 St 駅

125St駅付近には、コロンビア大学の関連施設が多数存在する。学生だけでなく一般に無料公開している「ウォラック・アート・ギャラリー」や、一般市民向けのイベントを開催している集会スペース「フォーラム」など地域住民に開かれた施設も多い。両施設とも有名建築家レンゾ・ピアノ氏の設計事務所が建築を担当し、ガラス張りでモダンな雰囲気だ。リバーサイドには、第18代大統領となったグラント将軍の墓地や、1912年に日本から寄贈された桜が植樹されたことから名付けられたサクラパークなどの名所も。

 


駅周辺の気になるスポット

Kuro kuma

エスプレッソが美味しいと評判の可愛らしいカフェ。販売しているパンは有名レストラン「BALTHAZAR」のベーカリーショップから毎朝取り寄せている。

121 La Salle St.
TEL: 917-972-4774

THE CRAFTSMAN

日中はカフェとしてコーヒーやスムージー、ヘルシーな食事などを提供し、夜はバーとしてカクテルや豊富な種類のクラフトビールを味わえる。

3155 Broadway
TEL: 212-933-0602

Cotton club

1923年創業の伝統的な高級ナイトクラブ。パンデミックによる閉店を乗り越え、2022年に再オープン。ジャズやゴスペルなどの一流のブラック・ミュージックが堪能できる。

656 W. 125th St.
TEL: 212-663-7980

Dinosaur Bar-B-Que

© Dinosaur Bar-B-Que

リバーサイド・ドライブ高架橋の下に位置し、活気あふれる店内で伝統的な南部のバーベキューが楽しめる。特製ソースは全米で販売されていて人気を集めている。
700 W. 125th St.
TEL: 212-694-1777

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。